#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

Y嬢が大きな声を出す

編集長アサミの婚活スタートから、2年弱までをまとめた「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」。好評発売中です。

→書籍『ざんねんな婚活』について詳しくはコチラ

そのときだった。キッチンにいたY嬢が急に大きな声でこう言った。

Y嬢「ゲームさんも独身ですよね!」

ゲーム「ゴホッ、ゴホゴホ……」

突然、咳き込むゲームさん。なにかにむせたように咳をした。あわててコウハイちゃんが水を渡す。

ゲーム「そうだけどさ。なんだよ、突然」

へー、そうなんだ。同世代のゲームさん(48歳)は独身なんだ。何の根拠もなく年齢的に既婚者だろうと思っていた。自分のことは棚に上げて。

Y嬢「ゲームさんも婚活しましょうよ!」

ゲーム「なんだそれ。オレの話はいいんだよ」

 

改めてゲームさんを見てみる

Y嬢「アサミさん、どう思います? ゲームさん素敵じゃないですか? 仕事はデキるし、人望もあるし、これからもっと偉くなる人なんですよ」

改めてゲームさんを見た。シンプルで清潔感のある身なり、スッキリとした顔立ち。パッと見はクールでとっつきにくそうな印象はあるけれど、Y嬢やコウハイちゃんとの会話の感じはとてもフレンドリー。

アサミ「なんとなく、長くおつきあいしている彼女がいそうですけど」

Y嬢「それがいないんですよ。仕事ばーっかりやってるから」

アサミ「え、バツイチとかですか?」

Y嬢「あ! どうなんですか? ゲームさん!!」

そう言いながら、温めていたふろふき大根をテーブルに運んできた。

 

本日のメイン(?)ふろふき大根、登場!

アサミ「いいにおい! 美味しそう!」

Y嬢「自分で言うのもなんですけど、ホント美味しいんです。食べてください」

と言って、全員にふろふき大根を取り分けてくれた。

コウハイ「マジで美味しいです!」

センパイ「うん、ウマいね」

ゲーム「確かにウマい」

みんなが口々にほめているY嬢の手作りふろふき大根。口にしてみると確かに美味しい。彼女の元気キャラクターと料理上手が合致しなかったけれど、ホントに美味しい。これがギャップ萌えってこと?

アサミ「美味しい! ホッとする味だわ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク