矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。

 

矢野未希子に基盤はあるのか?

ここで言う基盤とは、夫とかわいい子どものこと。こういう人たちの存在のおかげで、強く優しく美しくなれるという意味だと私は勝手に理解しております。

 

逆に言うと、基盤のないオンナ、もしくは基盤がぜい弱(ダンナがヘボい、子どもの出来がいまいち、子どもがいない)な人はお断りの雑誌と言えるのかもしれません。

 

このキャッチコピーを最初に掲げた2008年5月号は前年実売の130%アップになったそうですから、女性にとって、夫と子どもという意味の“家族”がいかに重要な存在かがわかると言えるでしょう。

 

現在、「VERY」のカバーガールを務めているのは、タキマキさんこと、滝沢眞規子。彼女が12月号をもって、カバーガールを卒業することが発表されました。

 

後任は矢野美希子32歳。独身時代は、「non-no」(集英社)などのモデルとして活躍しました。

 

芸能事務所社長と結婚していますが、今のところ、お子さんはいません。基盤のない女性をカバーガールに持ってきたことには驚きましたが、お子さんが三人いたタキマキさんと違ってキャラが立つという意味で、非常にいい人選ではないでしょうか。

 

「VERY」のコンセプトが「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」である以上、「VERY」に参加するモデルは、家庭円満な女性であると思われがちです。しかし、実は「VERY」モデルは結構な割合で離婚していることをご存じでしょうか。

 

VERYモデルの離婚率が案外高いワケ

たとえば、チコさんこと黒田知永子。

 

学生時代は「JJ」(光文社)モデルとして活躍し、アパレル勤務の男性と結婚。お子さんの手が離れた30代半ばで「VERY」のモデルとして人気を博します。

 

ご主人やお嬢さんは仕事に理解があり、仕事で遅くなるときも二世帯住宅なので、そちらでお嬢さんを見てもらうという、かなり仕事がしやすい環境。にも関わらず、2007年に離婚をします。

 

週刊誌は、原因をチコさんの大物キャスターとの不倫としていましたが、密会の証拠写真があったわけではありませんから、噂話の域を出ません。

 

離婚なんてして、大丈夫なのかな。でっかいお世話ながら、私は思ったのでした。「VERY」のモデルはただの美しいモデルではダメです。やさしいダンナとかわいくて優秀な子どもがいなければ「看板に偽りあり」になってしまうはず。

 

しかし、これは「仕事を失うかもしれないのに、それでも離婚したかった、もしくはせざるを得なかった」と見ることもできるでしょう。

 

その原因は夫婦によって違うでしょうから、他人がうかがい知ることはできませんが、状況証拠から考えると、ある意味「VERY」のモデルは、一番離婚に近い位置にいる気もしてくるのでした。

 

家事や育児の分担という意識すらない時代に、専業主婦をしていたら自分を殺したことも一度や二度ではなかったことでしょう。

 

それが子どもの手が離れて、チャンスをつかみ、華やかな世界に戻ったら、青春が戻ってきたような気がするのではないでしょうか。しかし、家に帰れば、専業主婦として滅私奉公的な日々が待っている。その落差に耐えることができるのかなと思ってしまうのです。

 

妻の成功を夫が必ず喜ぶとも言い切れません。もしかすると、妻の成功を夫がやっかんで、不仲になることだってあるかもしれません。

 

チコさんの離婚以降、「VERY」のモデルは離婚する。こんな仮説を立てての追跡調査(大げさ)を始めたのですが、実際に彼女たちは離婚をしています。

 

離婚した人をざっとあげてみます。秋本祐希(元夫は西武ライオンズの野球選手)、畑野ひろ子(元夫は俳優の柏原崇、現在はサッカー選手と再婚)。平子理沙(元夫は俳優・吉田栄作)。

 

プロ野球選手・清原和博氏と結婚し、一気に知名度を上げた亜希。

 

お子さんをお受験界の東大に入学させ、一気にカリスマ性が高まりますが、その一方で夫の不倫を週刊誌に撮られてしまいます。この時は静観していたようですが、夫に薬物使用疑惑が報じられると、早々に離婚をしています。

 

クリスウェブ佳子も最近離婚を発表したばかり。

 

なぜVERY妻は離婚を選ぶのか。その驚くべき要素とは、次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク