【40代編集長の婚活記#21】婚活女性が心得るべきたった1つの事

エリートさんにフラれたことを乗り越え、2回目の婚活パーティへ参戦した44歳・独身のOTONA SALONE編集長アサミ。新たに出会い連絡先を交換した男性は、オシャレ男子なメンノンさん、要潤似のマッチョさん、仲良し2人組のホワイト&レッドさんの4人。この中からデートへとつながる人はいるのか、いないのか? これはリアルドキュメントなアラフォー婚活記事である。

婚活パーティ、2次会はどうする?

青山での婚活パーティを終え、それぞれお店をあとにする。「このあと2次会行きませんか?」と声をかけてくれた人もいたが「明日の朝、早いので」と言って足早に駅へと向かった。本当は翌朝、別に早くはないけれど。

楽しくなかったわけではない。好みの男性がいなかったからでもない。パーティは十分楽しかったのだが、大勢でわいわいやったあとはスパッと切り替えて一人でゆっくりと自由な時間を楽しみたいからだ。

 

早く一人の時間が欲しい

これが以前にカウンセリング診断で「交際力が低い」と出た部分。いわゆる一人好きという性格だ。一人でいることを特にさみしいと思わない。

友人や知人がSNSにあげているパリピなリア充写真を見ても子供や家族のステキ写真を見ても、「いいね!」とは思うけれど、自分がそうしたいとは別に思わない。他人は他人、自分は自分の楽しみ方がある。私は早く一人の時間を確保したい。

それに他人と一緒にいることだけがリア充な時間じゃないと思っている。一人でのんびりしたり、やりたいことをやれる時間があることも、私にとっては充実している時間。リア充タイムなのだ。

ま、そういうマイノリティな考え方だから、40過ぎまで未婚なおひとりさまでいるんだよね。ええ、わかってます。

そんなとき、後ろから私に話しかけてくる人がいた。

「帰るんですか? 途中まで一緒に行きましょう」 そう声をかけてきたのは……⁉

 

パーティの帰り道、声をかけてきたのは?

帰ろうとする私に声をかけてきたのは、グループLINEを交換した、さっきまでお隣に座っていた……女性だった(笑)。

アサミ「行かないんですか? 2次会」

レッドさんの手料理写真に興味を示していたから2次会でレッドさんともっとお話するのかと思っていた。

お隣さん「ちょっと疲れたから。ね、手料理ごはん会は日程決まったら行きます?」

アサミ「予定が合えばだけど。でも、あんまり他人の家に行くのは……」

お隣さん「そうですよね。いきなり自分の家に誘う男性も、どうかと思いません?」

マジか。。。つい30分くらい前に「いいですね。行きた~い」って言ってた彼女と同一人物の発言とは……。あれは社交辞令⁉

アサミ「日程の連絡きたらどうするんですか?」

お隣さん「うーん、わかんない。あなたが行くなら行く」

アサミ「あ、そうですか」

〇〇が行くなら行く系女子か。自分で決めなよ、行くかどうかなんて。人生は自分の選択次第なんだから、行くも行かないも自分で選択しようよ、私のことは関係なく。でもレッドさんといい感じっぽかったのに、そうでもないのかな……。

お隣さん「アサミさんが隣でよかった。マスコミのお仕事してるんですよね? 話が上手だから助かりました」

アサミ「そんなことないですよ」

あれ、そんなに会話を回したつもりないし、しゃべる量も減らしたつもりなんだけどな。そんな話をしながら、駅のホームで彼女と別れた。

電車に乗りスマホに目をやると、さっきの婚活パーティで会った男性からメッセージが届いていた。

 

【メッセージを送ってきたのはいったい⁉】

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

いいねの嵐⁉ シンガポールの楽しい「写真映えスポット」4選

旅といえば、撮影したくなるもの。自分の記念にもSNSでのシェアにも、遊びゴコロのある面白い写真を撮りたくなりませんか?OTONA SALONE的シンガポールの面白い映えスポットをご紹介します!【シンガポールの4大映え…

なんて癒し! かわいすぎる「子猫カレンダー」で感じた5つの幸せ

なんて愛くるしいのでしょう! ふわふわな毛並み、まぁるい目、クリームパンみたいな手。見ているだけで自然と笑顔になってしまう子猫の写真。あぁかわいい、癒される、幸せ。OTONA SALONE編集長アサミ、実はここ数…

#162  47歳で恋人に「フラれた独女」の本音とは?【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めて約3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介……何度かくじけそうになりながらも婚活を続けている、OTONA SALONE編集長アサミ。一度はジェントルさんという恋人ができ真剣交際がスタートした…

美味しい&オシャレ! 大人のシンガポール「絶品グルメ」おすすめ4選

シンガポールはグルメ天国。せっかく行くなら、美味しくてオシャレなお店で優雅に食事を楽しみたいものです。写真もキレイに撮りたいですよね。プラナカン料理や、洗練されたモダンキュイジーヌ、定番チリクラブ……素…

#161 「恋愛維持力」がない 40代独女、3カ月でフラれる【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、まさに山あり谷あり……。。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介にも2年以上玉砕し続けていたOTONA SALONE編集長アサミ。しかし、ちょっとしたきっかけで知り合ったジェントルさん(49歳・バツイチ・…

当たる!スゴイと噂! シンガポール「最強パワースポット」3選

風水をもとに設計されている場所が多いというシンガポール。実は強力なパワースポットがたくさんあるのです。なかでもパワーがスゴイと評判の3大パワースポットをご紹介します。恋愛運、金運、仕事運……いろいろ開運…

#160 婚活独女、9年ぶりにできた彼との「恋の顛末」【40代編集長の婚活記】

40代で婚活を始めたOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティに参加したり、婚活アプリに登録したりするものの、好きな人も恋人もできないまま2年以上が経過。しかし、2年が過ぎたころに出会ったジェントルさん(49歳…

シンガポールで泊まりたい!おすすめ「ラグジュアリーホテル」3選

旅行するとき、意見が分かれるのがホテル選び。リーズナブル志向、アクセス重視などもありますが、私は「ラグジュアリーなホテル」という選択をおすすめします。毎日を忙しく働く大人女性にとって、旅は最高の癒し。…

#159 40代独女、婚活デートを「キャンセル」されて【40代編集長の婚活記】

40代編集長の婚活記が連載スタートしてから約3年。高校に入学した生徒が卒業した分の年月が経った。いまだに見えない婚活のゴール……。婚活2年半で、久しぶりに恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の子供あ…

おひとりさまOK! シンガポールで絶対食べたい「3大地元グルメ」

シンガポールに行ったら何を食べましょうか。オトナ女性の一人旅がふえている昨今、女性一人でも入りやすい「おひとりさまグルメ編」をお届けします。人気店だけれど予約せずにサクッと入れる、シンガポールの3大名…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事