40代が着ると痛い!? 年末年始のNG帰省ワンピ

ファッションがオシャレに見えるコツは、コーディネートの全体のバランス。とはいえ、お出かけや移動が多い年末年始の帰省に、たくさんの服を持っていくのは厳しいのが現実。

そんな悩みを一気に解決してくれるのが、一枚でサマになるワンピース。ただ、ワンピもセレクトを間違えると一気に痛い40代になってしまうので要注意! NGワンピースと、着こなし方のポイントをまとめました!

40代はこんなに体型が変化する

☑︎細くても胸とお尻が下がる

☑︎背中にもお肉がつき始める

☑︎ウエストのくびれがなくなる

☑︎膝の上にお肉が乗る

☑︎筋肉が落ちて体のメリハリがなくなる

 

ざっとあげただけでも、こんなに変化が起こります(怖すぎる!)。

細すぎても太くても、そのままでサラッとキレイに服を着こなすのが難しくなるのが40代。自分では気付かない変化も、久しぶりに会った人たちには気付かれてしまうことがあるので要注意です!

 

いよいよ本題「40代が着ると痛いワンピース」って?

①夢見る少女じゃいられない! 小花柄ワンピース

可愛らしい印象の小花柄ワンピースは、面積が大きい分若作りして見えるので避けた方が無難です。どうしても小花柄を着たい、すでに持っているという人は、上からロングカーディガンを羽織るか、ニットを上から重ねて見える面積を減らすのがポイント。同様に原宿の若い子たちが着ていそうな「レトロ風ドットワンピ」も、レトロ“風”にならないアラフォーは避けましょう。

 

②ギャル時代を引きずってる? タイトな膝上ニットワンピ

冬ならタイツ履いているし短めでもいいでしょ、と思いがちな膝上のワンピース。でも、一般的には「アラフォーのミニは痛い」と思われているので避ける方がベターです。さらに、タイトすぎるニットワンピースも、たとえ細くても肉のつき方が変わってくるので残念な印象に。特に同性に厳しい女友達の前では過剰に反応される可能性があるので気を付けましょう。逆にダボっとしたゆるすぎるワンピースもオバさん感が強いので、ジャストサイズでほどよい丈&シルエットのものを選んで。

 

③結婚式帰りですか……? 透け感ワンピース

レースやチュール素材を使った透け感のある華やかなワンピース。どれも女性らしく、今年人気のアイテムです。ただ、素材感がゴージャスな分、夜デートや都内のイベントならいいですが、親戚の子供や目上の人に会う機会が多い年末年始ではTPOが守れない人だと思われてしまうかも。都会の女性は派手だとか、いい歳して恥ずかしいと言われないためにも、透け感&肌の露出のないものを選びましょう。

 

では、正解のワンピ着こなしは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FASHIONに関する最新記事