【2/4~3/4の運勢を総まとめ】九星フラワー占い・2月は1年の金運を決める勝負月!

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、この2月はこれから始まる2020年の金運アップを左右する鍵となる1ヵ月といってもいいでしょう。

月の運気とあわせて、金運アップのポイントについてもお話していきます。

 

いよいよ2020年が始まる月

古来から続く東洋の暦では、2月4日から2020年が本格的にスタートします。

承継、そのための一旦停止を意味する星、八白土星が強く影響する今月。

じつは、2019年は1年間ずっと八白土星が影響していたので、雰囲気といいますか空気感が、パッと切り替わった感じはしないかもしれません。

しかも「前に進んでいるようで、進まない」「周囲が自分の動きについてこない」といった感覚になりそう。

2020年はオリンピックイヤーですし、令和になって始めて新年を迎えますから、新しい世の中、新しい自分など、新しい物事に出会えそうな予感で、ワクワクしている人も多いと思います。

ですから、物足りないと思っていたり、ちょっとがっかりしてしるかもしれませんが、本当の変化というのは、短期間にわかりやすい形でパパッと起こるものではないのですよね。

 

大きな改革が始まる前に心身を整えるとき

今年は、七赤金星という喜び・楽しみ、美味しい食事、楽しいおしゃべり、お金などを司る星が、世間の雰囲気に大きく影響します。

一方で、庚子(かねのえのね)という干支が回ってくる今年は、古い物、悪い部分をスパッと切り、新しい何かを始めるという流れにあり、七赤金星の星の意味の一つ「足りない部分」というものに気づき、そこから大きな改革が進むのかなぁ、と想像しています。

そんな手に汗握るような1年を前に、2月は心と体の準備を整え、お腹に力をいれて自分の芯をしっかりと見定める、そのために使うのがいいのではないでしょうか。

金運をあげるため、お財布の新調を

先ほど、七赤金星はお金の星だとお話ししました。

この七赤金星がスタートする2月、そして立春を迎え、さらに寅の月であるこのタイミングにお財布を新調すると、貯まる金運財布にすることができそうです。

春に使い始める財布は❝張る(はる)❞という言葉は、以前から知っていましたが、なぜか今年は各方面からお財布にまつわる情報が入ってくるので、やはりいいタイミングなのでしょう。

ちなみに寅=虎は「千里を行って千里を帰る」といわれ、つまりお金に財布を出ても必ず帰るという意味を含み、さらに虎は黄金色。

やはり縁起のいい十二支なのです。

 

さらにパワーアップさせるためのコツとは⁈

とくに4日、5日、9日、16日、21日、28日がおすすめです。

色や形のおすすめは、長財布、茶色のもの。

使い始めには、できるだけ大金を入れて、お財布に「大金が入った状態がデフォルト」と覚えさせること。

できれば、小銭やカードを入れるのは別の財布にし、夜は暗い引き出し(北側が最高!)のなかで眠らせてあげるといいでしょう。

ちなみに、お財布用の布団やベッドがネットなどで売られていて、それを利用しているお金持ちが多いことを最近知って、ちょっと驚きました。

できる範囲でぜひ、試してみてください。私はやりますよ~。

 

9つの星それぞれの運気も見ていきましょう

生まれ年の星と、9つの星それぞれを象徴する花は次のとおり!

※1月1日~2月4日・5日生まれの人は前の年の生れになります。
◆まるで水仙のよう!
「一白水星」(生まれ年:1963年、1972年、1981年、1990年)の女性の運気はこちら
◆まるでカーネーションのよう!
「二黒土星」(生まれ年:1962年、1971年、1980年、1989年)の女性の運気はこちら

◆まるで朝顔のよう!

「三碧木星」(生まれ年:1961年、1970年、1979年、1988年)の女性の運気はこちら

◆まるでバラのよう!
「四緑木星」(生まれ年:1960年、1969年、1978年、1987年)の女性の運気はこちら

◆まるで蓮の花のよう!
「五黄土星」(生まれ年:1959年、1968年、1977年、1986年)の女性の運気はこちら

◆まるでガーベラのよう!
「六白金星」(生まれ年:1958年、1967年、1976年、1985年)の女性の運気はこちら

◆まるでコスモスのよう!
「七赤金星」(生まれ年:1957年、1966年、1975年、1984年)の女性の運気はこちら

◆まるでユリのよう!
「八白土星」(生まれ年:1965年、1974年、1983年、1992年)の女性の運気はこちら

◆まるで紫陽花のよう!
「九紫火星」(生まれ年:1964年、1973年、1982年、1991年)の女性の運気はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク