【九星フラワー占い】三碧木星の2月は「頭脳が冴え順調に運ぶ!」

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、この2月はこれから始まる2020年の金運アップを左右する鍵となる1ヵ月なので、【2/4~3/4の運勢を総まとめ】には、そのポイントをご紹介しました。

ここでは星ごとに、月の運気とあわせて、今年のお守りとなるラッキーアイテムについてもお話していきます。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

充実した日々にうれしい悲鳴⁈

やるべきこと、頼まれごとが多くて大忙しになるかもしれません。

気力・体力も充実していますし、暇が嫌いな三碧木星にとっては、楽しい毎日かもしれません。

しかも頭脳・直観力が冴え、対処法や解決策、アイデアが次々とわきおこり、物事がどんどん片付いていくので気持ちがいいですね!

周囲からの注目度も評価も高まります。

 

不本意なことがあっても、必ずリベンジできる

ただ、関わった事柄の中には、思っていたほどの結果が出なかったり、せっかく助けてあげたのに感謝をされないということがあるかもしれません。

イラッとしたり、不機嫌になるかもしれませんが、それはいつかリベンジできますし、あなたに助けられた人も後々、あなたの影響力に気が付くので、ここは静かにやりすごして。

ふて腐れてなげだしたり、ケンカをしたりしないように注意してください。

 

何かを学び始めると順調に覚えられるとき

頭脳は冴えているからこそ、ちょっと見切り発車というか、はったりをかましてしまう、ということもありそうです。

自分自身がそのことに気づいたら、それが学びのチャンスです。

勉強を始めるのにもすごくいいタイミングですし、今月のうちなら身に付くのも早いでしょう。

昼間、人前でスーパーマンを演じ、夜は勉強の時間とメリハリをつけると、運気がアップします。

夜更かしをし目を酷使して、翌日は充血というのはNGですが。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、異性からの注目も集まり、モテそうです。

華やかな雰囲気がありつつも、さらに面倒見のよい面を見せたら、相手はイチコロです♡

知的なタイプの男性と縁がありそうです。

金運ですが、人付き合いなどにお金を使いたくなりますが、ほどほどに抑えて、少額でいいので貯蓄にまわしてください。

来月からすこ少しずつ金運に元気がなくなってくるので、貯蓄クセをつけておくのはいいことです。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、レッドとイエロー。

ファションのなかで一緒に使うのが難しかったら、レッドカラーはリップカラーに使ってもいいかも。

人に受け入れられ、喜ばれるような言葉を発する力が得られます。

2月4日以降、初めて買うものをホワイト、ブラック、グレーのいずれかにすると、それはこの1年間のお守りになりますよ。

ラッキーパーソンは、口うるさいおばさん。

知人であれば、いつもは否定的な意見を言う人でも、今月はなぜか味方になってくれるはず。

ラッキーフードは、えび炒飯かえびピラフ。

忙しいときもパパッと食べられるうえ、パワーを与えてくれます。

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク