【九星フラワー占い】九紫火星の2月は「素直になれば愛情と知恵がたくさん」

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、この2月はこれから始まる2020年の金運アップを左右する鍵となる1ヵ月なので、【2/4~3/4の運勢を総まとめ】には、そのポイントをご紹介しました。

ここでは星ごとに、月の運気とあわせて、今年のお守りとなるラッキーアイテムについてもお話していきます。

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

気力・体力がみるみる充実してくる

1月は、体やプライベートなど自分自身の状況が許さず、なかなか思い通りに身動きができなったのではないでしょうか。

2月に入ると、体の動きはよくなり、気力も体力も充実してくるのを感じてくるはずです。

ヤル気になっているところで、新しいミッションが加わり、もう動きたくてウズウズしている姿が思い浮かびます。

 

焦ってもムダ!まずはリラックス

けれども今度は、周囲が思い通りに動かなかったり、そのミッション自身があなたに触れられるのを拒んでいるような状況が続き、進めにくくなりそうです。

焦ってイライラするかもしれませんが、ゆったりと過ごしてリラックスしてください。

そのほうが、いいアイデアが浮かびますし、やるべきことの優先順位も間違えにくくなりますよ。

周囲にはあなたを助けようと思う人がたくさんいるはず

また、リラックスしていれば心も柔らかくなり、上司や先輩、頼れる相手に相談する際も、状況を的確に伝えることができます。

この時期、上司や先輩などのアドバイスはとても的確です。

目上の存在だけでなく、後輩や友人も心配しながら、あなたを助ける準備を整えています。

ですから、頼ることは正解で、自分だけで抱え込むとはしないでくださいね。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、楽しい恋愛というよりは、結婚に結びつくような出会いがあるかもしれません。

それはとくに父親や父方の親族、上司からの紹介である可能性が高いです。

ちょっと堅苦しい感じがして気が重いかもしれませんが、すぐに断ったりしないでください。

金運は、高めです。

相続運があり、何か価値あるものを受け継いだりする可能性があります。

すぐにではないかもしれませんが、それがお金を生みそうです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはコールドとアイボリーです。

無駄なプライドを捨てて、素直な気持ちにしてくれる組み合わせのカラー。

素直になれば周囲との足並みもそろい、問題も処理もうまくいくことでしょう。

また、2月4日以降、自分のために初めて購入するものを、ピンクかいレンジ系のカラーにすると、それは1年間を通してお守りの働きをしてくれます。

ラッキーパーソンは、背の高い上司。

あなたのことをよく見ていて、的確なアドバイスをくれるはずです。

直接話せなくても、開運パワーを与えてくれます。

ラッキーフードは、さつまいもの天ぷらです。

疲れることも多い今月のスタミナフードになります。

熱々のホクホクを楽しんで。

 

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク