日本人の34%が誤解している?「鳥肌」の意味

「その映画、どうだった?」「いやー、鳥肌立ったわ~!」

実はこれ、ホラー映画などを観たときだけに使えるせりふ。うすうす分かるかと思いますが、ここでちょっとおさらいをしておきましょう。

 

そもそも「鳥肌」って何なの?

立毛筋の反射的な収縮により、皮膚に鳥の毛をむしり取った後のようなぶつぶつを生じる現象。立毛筋反射。
(広辞苑第6版)

 

関西の方では「さぶいぼ」と表現されることもあるようですね。立毛筋によって毛を逆立てることで、毛と毛の間に空気の層ができます。空気の層で身体から体温が奪われるのを防ぐのだそう。寒いときには身を縮めますし、ありとあらゆる筋肉を総動員して体の熱を守ろうとします。震えて歯がカチカチなるのも、顔の筋肉の収縮が原因。少しの熱でも良いので発生させ、それを逃がさない生命の工夫なのです。

 

寒さ以外でも「鳥肌」が立つわけ

この立毛筋の収縮は、交感神経の興奮・緊張によるものなので、寒さだけはでなく、恐怖や強い喜び、ショックなことがあった場合にも引き起こされます。いわば、身を守るために全ての体の機能を総動員している状態です。また、交感神経の興奮によるものなので、嫌いな音を聞いた時にも同じ反応が起きる場合もあるそうです。ちなみに、私の場合は「りんごを噛む音」。検索したところ、私と同じ「りんご」で鳥肌が立つ人も存在するようです。

 

感動する意味でも「鳥肌」が使われる?

強いショックで、交感神経が興奮することが原因なので、あまりに感動した時にも鳥肌が立ちます。本来、「恐怖」「寒さ」などマイナスイメージで起きるのと同じ現象が、刺激が強すぎる「歓喜」や「感動」にも使われるわけです。「この作品は鳥肌モノです」なんて使い方もしますよね。

 

「鳥肌たったわ~」の年代別データ

文化庁「平成27年度『国語に関する世論調査』の結果について」によると、「言葉に対する感覚」の項目で、次のような問いがあります。

 

どちらの言い方を使うか<問 22>

(a)余りのすばらしさに鳥肌が立った

(b)余りの恐ろしさに鳥肌が立った

 

 

「どちらも使う」を振り分けると、平成13年度の結果と比べ「余りのすばらしさに鳥肌が立った」を使う人が40.6%から62.0%に増加、「余りの恐ろしさに鳥肌が立った」を使う人が64.6%から56.6%に減少しています。

つまり、ここで本来の意味から逆転現象が起きているのです。

年齢別に観ると、比較的新しい使い方とされる「すばらしさに鳥肌が立った」を使う人の割合は、40代以下で6割台後半から7割強となっています。

逆に「恐ろしさに鳥肌が立った」を使う人の割合は、70歳以上で「すばらしさに鳥肌が立った」を使う人の割合を、6ポイント上回っています。

当然ですが、年齢が上の方ほど、正しい使い方をしている結果となっています。

 

日本語の誤用は、変化?退化?

先日美輪明宏さんがテレビで、日本語の誤用乱用について、「これは言葉の変化ではなく退化です」と断言しておられました。

私もそれに同意します。

人間にとって「変化」は大切なものであり、このような言葉の変化は原因を探る必要があります。そしてその原因が「楽だから」「みんながそう使うから」「使っている人が多いから」という安易なことでしたら、本来の意味で踏ん張るべきだと考えます。しかしそうは言っても流されてしまいますよね。なので、こんなコラムを読んだときに「ああ、鳥肌って、本当はマイナスイメージの時だけに使うんだな」とちょっとだけ復習してくれれば嬉しいです。

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

「序に」は「じょに」ではありません!みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①仄仄「ほのぼの」です…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

女が一人で肉を食べるならココ!2018年新春注目3店

ひとりで突然お肉が食べたくなるとき、ありますよね。最近は女性がひとりで気兼ねなく、肉を食べられるお店も増えていますが、今回は最新情報として、オープンしたばかりの…

「ぱいぱい」ではない!必ず読めない超難読の日本語3つ

「ときどき」「ますます」など、私たちが普段よく使うこれらの言葉は、畳語(じょうご)といいます。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみた…

あなたは分かる?「放任」の反対は「干◯」!意外とあやふやな対義語3

二字熟語とその対義語の組み合わせは数多くありますが、しっかりと分かるか?といったらそうでもないものが意外と多いもの。今日はそんな熟語を3つ集めてみました。あなたは3問中何問正解するでしょうか。1・「栄転…

「ねばねば」の反対はどれでしょう?意外に戸惑う反対ことば3選

「ねばねば」と反対の状態を表す言葉、対義語は何でしょう。イメージはできますか?今日はそんな言葉を3つ集めてみました。知れば「なるほど!そうだよね!」と納得するものばかり。あなたは何問正解するでしょうか…

「図々しい」の反対ことばって?「図々しくない」も間違いではないけれど…

「図々しい」の反対は「図々しくない」、「珍しい」の反対は「珍しくない」……まあ、それも正解です。でも、他の表現があるのは知っていた方がいいですね。今日はそんな言葉を3つ集めてみました。簡単そうで分からな…

「丸顔」の逆は「四角顔」…ではない!言えそうで言えない反対語の世界

今日は「丸」がつく言葉の、意外な対義語を3つ集めてみました。簡単そうで分からないものばかり。あなたは何問正解するでしょうか。1・「丸写し」の対義語は?「それ、先輩のノートの丸写しじゃない?」なんていうふ…

「平然」の反対って「動揺」…ではない!意外な反対ことば3つ

対義語とは、「男と女」「大きいと小さい」のように、意味上の対をなす言葉。このように単純ではない組み合わせもあります。今日は「へー、そうなんだ!」とうなる対義語を集めてみましたよ。1・「粋(いき)」の対…

「あからさまに」の反対って「コソコソと」?意外に知らない対義語3つ

「大きい」の反対は「小さい」、「軽い」の反対は「重い」など、形容詞の反対語は分かりやすいですよね。でも、形容動詞や副詞となるとちょっと考えてしまうんですよ。そして、なるほど~となるものが多いのです。今…

「入選」の反対は「落選」でいいのかな…?意外と思いつかない3つの反対ことば

「入口」の反対は「出口」、「入力」の反対は「出力」。そう考えると「入」の反対語は「入」を「出」に変えれば済むような気になりますが、そうはいかない場合もあります。今日は「入」が付く熟語の反対語・対義語で…

「平常」の反対って言える?「異常」ではない!間違えやすい反対語3つ

何度目かの日本語ブーム到来ですね。日本語の誤用を題材にしたテレビ番組も始まりました。今日は反対語について、簡単なのに難しい、そんな反対語を3つ集めてみましたよ。1・平常の反対語は?答えB 非常解説「平常…

「ありがとう」の反対語わかる?「ごめんなさい」ではありません

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・受話器の反対語は?答えB 送話器解説「受話器」とは、電話でいうと、耳に当てる方。レシーバーともいいます。音声エネルギ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事