【40代編集長の婚活記#189】マザコンより強烈!? ハイスペック40男、独身の秘密

「40代の婚活」と書いて「むずかしい」と読む。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴は3年半以上になるが、まったくもって結婚に至りそうな気配がない。

ある日の会食後、同期に誘われた日本橋のバーで、ハイシャさん(47歳、未婚・独身、歯科医)を紹介されたのだが……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

ハイシャさんの妹は強烈キャラ!?

同期が席を外したあと、バーの個室に入ってきたのはハイシャさんの妹さんだった。話の様子から察するに、ブラコン気味なのだろう。47歳の兄が婚活相手にダマされないか心配で一緒に来たのだという。

まずは、私のことを頭のてっぺんから足の先までくまなく観察。そして、ひとこと。

妹「わりと庶民的な方ですのね」

初対面でいきなりキタコレ(苦笑)。すごい先制パンチ。いや、その通りだから否定しないけど!

その後は怒涛の質問をしてきた。

実家のこと、住まいのこと、住宅ローン、年収……。もしかして、結婚相談所の登録に来たのかしらと思うほど、プライベートな質問を遠慮なくぶつけてくる。

質問に答えたり、はぐらかしたりの対応をしていたら、またもやパンチが飛んできた。

妹「バリキャリの編集長と会うって聞いたから、どんな華やかな方がいらっしゃるかと思ったけど、アサミさんは、わりとフツーのお家柄の方なんですね」

 

フツーの家柄ですが、何か?

フ、フツーの家柄。ええ、そうです、そうですとも。それが何か?

……頭の中ではそんな言葉が浮かんでいるけれど、口には出さなかった。妹さんの挑発じみた言葉に乗ったって仕方がない。不快ではあるけれど、同じように対抗したって意味がない。

チラリ、妹さんの横にいるハイシャさんの顔を見た。

驚いた。

妹さんのちょっと無礼な言葉を聞いて、彼女を制そうとも、オロオロする様子もなかった。ただ飄々とした顔をして、のんきにタバコをふかしていた。

いまの会話を横で聞いていて、そんな顔していられるんだ……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク