【40代編集長の婚活記#189】マザコンより強烈!? ハイスペック40男、独身の秘密

なんだか不思議なカンケイ

↑ハイシャさんが買い、妹さんも呼んでくれた「40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活」はコチラ。

 

アサミ「お近くにお住まいと言ってましたよね」

妹「はい」

アサミ「失礼な質問かもしれませんが、妹さん、ご結婚は?」

妹さんに向かって尋ねた。けれど、答えたのは彼女じゃなかった。

ハイシャ「いまは独身、バツイチなんですよ」

あら、こういうときは兄が答えるのね。

ハイシャ「妹は実家に住んでるんです。僕が、実家の近くに一人暮らしをしていて」

妹「でも実質、半分は家にいるよね」

体を横に倒し、ハイシャさんにもたれかかった妹さん。まるで恋人のようなそぶり。

 

妹さんに圧倒されるばかり

そして、勝ち誇ったようにニッコリとした笑顔で、私をジッと見つめてききた妹さん。

大丈夫ですよ、あなたと勝負するつもりなんてまったくないですから……。

 

個室のドアが開いた。席を外していた同期が戻ってきた。

アサミ「ちょっと、遅いじゃない」

同期「悪い。ちょっとマスターと話に盛り上がっちゃって」

アサミ「こちら、ハイシャさんの妹さんだそうです」

同期「知ってるよ」

淡々と答える。え、同期は彼女が来てたこと、わかってたの?

 

ちょっと、同期! コレどういう紹介よ?

妹「ええ。何度も一緒にゴルフへ行ってますから」

アサミ「あぁ、そう」

同期「この店でも何回も会ってるし」

それじゃ最初に一瞬、部屋に入ってきたときからわかってたんだ。ハイシャさんと妹さんが一緒に来たって。それに何回も会ってる? ……っていうことは、妹さんのキャラクターもある程度わかったわけね。

ジロりとにらみつけるような視線で同期の顔を見て、「大変だったんだけど!」と、目で訴えた。

すると彼は「ごめん」というような表情をした。

あー、なるほど。だから最初に言ってたのか。「たぶんアサミのタイプじゃないと思うよ」って。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク