40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?

アタシ自身は、最初のうちは食指が動かず、2話分くらい逃しちまったんだけど……。あまりの評判の良さに、とりあえず観てみたところ、あっさり虜に。「恋ダンス」も踊れるようになったし、放送終了後、原作まで読んぢまったわ!(ハマりすぎ)

 

40代が感情移入するのは主人公よりも!

さて、『逃げ恥』、おそらくほとんどの人は、ガッキー演じる主人公・みくりと、星野源演じる平匡の不器用な恋の行方を、固唾を飲んで見守っていたんだろうけど、アタシ的にもっとも感情移入しちまったのは、なんといっても「百合ちゃん」。

 

ご存じない方のために説明しておくと、百合ちゃんというのは、みくりの母方の伯母。美人で仕事もできて、若いときにはそれなりにモテたものの、結局男性とセックスをしたことがないまま閉経を迎えてしまったアラフィフ女子、という設定。そんな百合ちゃんが、言うのよ。「人生は勝ち負けじゃなくて味わうものだって、年を重ねるうちにわかってくるの」「あたしは独身で子供もいないけど楽しく暮らしてるし、それで安心する人もいるんじゃないかって思ったりね」「そういう人も社会に必要でしょ?」って。こんなセリフ、涙なしに聴く(もしくは読む)ことできる? アタシには無理。

 

他人とは思えない、百合ちゃん

アタシ、百合ちゃんみたいに美人でも仕事ができるわけでも、若いときにモテてたわけでもないし、百合ちゃんと違って男子とのセックス経験ならあるけど(要らない情報)、なんとなく恋愛に縁遠いまま40代半ばになっちゃったところとか、大きめの姪が一人だけいるところとか、もう、他人とは思えない……!

 

アタシはほぼ純度100%の生まれつきのどオカマなので、「ゲイとして生きていく」と決めたときから、女性との結婚はいっさい考えてないの。「お墓が守れなくて、ご先祖様に申し訳ないな……」という思いはあるものの(その辺の話は長くなるので、またいずれ)、老後は、姪にできるだけ迷惑をかけないよう身辺を整理し、いざとなれば一人で死んでいく覚悟はしているつもり。ちょっぴり不安になったときは、「原始時代には、今みたいな結婚制度も家族制度もなかったわけだし」と自分に言い聞かせているわ。

 

ただねえ……。それとは別に、「ゲイに生まれたからには、男性のパートナーがほしい」って気持ちはもちろんあるんだけど、こっちもまた難しいの!

 

「大事なのは仕事ッ」と、思ってきたけれど

ゲイって、わりと「恋愛上手」「セックスに奔放」ってイメージを持たれがち……じゃない? まあ、男女に比べて、基本的にはセックスに対するハードルは低いし、結婚という「ゴール」がない分、いくつになってもつきあったり別れたりを繰り返してる人は結構いるけど……。当然のことながら、個人差はかなりあるの。モテる人とモテない人、恋愛やセックスに積極的な人とそうでない人で、状況は全然違うわけ。そしてアタシは後者(モテないし、恋愛やセックスにわりと消極的)。仕事やら女装やらに追われているうちに、あっという間に月日がすぎ、この3月にはアラフィフ突入。同世代から上で、カップル能力(誰かとちゃんと関係を築き、持続させる能力)が高い人は、すでにパートナーをつかまえてよろしくやってるし、若い人は若い人同士でよろしくやってるし、結構な取り残され感……。

 

そんなわけでここ数年、恋愛に関しては半ばあきらめ、「いいの。いま、アタシにとって大事なのは仕事ッ」と思ってきたアタシだけど、『逃げ恥』とか観ちゃうと、やはり「恋愛したいな……」という気持ちが蘇ってきちゃうのよね。ドラマでは百合ちゃん、年下のイケメンといい感じになって終わったし、アタシも今年は(セールで)新しい服でも買って、新たな恋を探すわ!

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

佐藤琢磨の行方は?『5時に夢中!』内藤が仕組んだ衝撃の略奪婚

今日は“勝つ不倫”について考えてみたいと思います。“勝つ不倫”とはズバリ略奪のことです。“勝つ不倫”ができるオンナとは……“勝つ不倫”を成し遂げるために、必要なものが2つ…

独断と偏見!勝手に「TVドラマ」アワード【2017年1-3月期編】

気がつけば、3月も残すところあと1週間。1月スタートのドラマも、次々に最終回を迎えているわね。ついこの間始まったような気がするのに……時の流れが速すぎて怖い!というわけで今回は、なかなか豊作だった2017年1-3…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の丁寧さ、役者さんたちの演技の上手さ、エン…

清水富美加の出家騒動。追い詰められて「逃げ出す」のはアリかナシか?

2月頭から、体調不良を理由にすべての仕事をドタキャンし、12日、直筆のFAXで、いきなり「芸能界を引退し、新興宗教『幸福の科学』に出家する」と表明した、女優の清水富美加。その後も、17日に幸福の科学出版から、…

「タラレバ」おばさん予備軍に、40代のアタシからご忠告よ!

2月も半ばにさしかかり、1月スタートのドラマもそろそろ中盤を迎えるわね。ちなみにアタシは今期、恋愛がらみのドラマでは、『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系、月曜21時)、『カルテット』(TBS系、火…

スキャンダル、「許される人」と「許されない人」がいるのはどうして? byエスムラルダ

先週、当時17歳の女子高生アイドルとの淫行疑惑が報道され、芸能活動を当面自粛すると発表した、狩野英孝。「交際当初は22歳と聞かされていた」「野性のカンで10代だとわかった」といった、記者会見での迷言とか、「…

羽生結弦、フィギュア界の完璧プリンス エスムラルダのイケメン調べ 第12回

中学1年生のとき、ノービス*でありながら、全日本ジュニア選手権で3位に。2010年の世界ジュニア選手権では優勝を果たし、シニアに上がってからも、2014年のソチオリンピック世界選手権優勝、全日本選手権グランプリ…

SMAP 解散までの活動もツンデレ! エスムラルダのイケメン調べ

1988年4月にグループを結成。1991年9月にCDデビューし、1994年、「Hey Hey おおきに毎度あり」で、初のオリコン1位を獲得。以後、数々のヒット曲を世に送り出し、冠番組は軒並み高視聴率を記録。メンバーはそれぞれ…

菅田将暉 オネエNo.1人気の役は? エスムラルダのイケメン調べ・第10回

2008年、「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリスト12人に選出され、翌年、ドラマ『仮面ライダーW』で俳優としてデビュー。以後、ドラマや映画、CMへの出演を重ね、演技力に対する評価もうな…

斎藤工・日本一エロい俳優 エスムラルダのイケメン調べ第9回

高校生の頃からモデルとして雑誌、ショーなどで活動し、2001年に俳優としてデビュー。以後、『海猿』『八重の桜』など、数々の映画やドラマに出演し、2014年、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、ヒロインと不倫…

三代目JSB 登坂広臣・岩田剛典ほか エスムラルダのイケメン調べ 第8回 

2010年、「VOCAL BATTLE AUDITION2~夢を持った若者達へ~」に参加し、合格。三代目 J Soul Brothersのボーカルとして活躍する一方、2014年には映画『ホットロード』で俳優デビューし、日本アカデミー賞の新人俳優…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事