【40代編集長の婚活記#191】47歳独女、挫折した「婚活アプリ」を再開してみた

40代婚活の道のりはとても長い。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年半以上。この間、婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、バー婚活、知人の紹介など、果敢に挑戦してきた。

しばらく紹介婚活が続いていたけれど、さすがに紹介していただける相手も尽き……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

「出会いがない」という悩み

紹介婚活が3人続いていた。

知人のY嬢からゲームさんを紹介され、ヘアメイクさんからジムさんを紹介され、同期にハイシャさんを紹介された。結果、誰ともお付き合いには至らなかったけれど、とても感謝している。

こんなに紹介してもらえるなんて、こんなに出会いが増えるなんて、婚活当初はまったく思っていなかった。

30代より40代のほうが出会いもデートもたくさんしている。モテ運があるとはいえないけれど、出会い運だけはあると、いまなら自信をもって言える!

「出会いがない……」と悩むかたがいたら、「本気で婚活してます」とつねにお知り合いに伝え続けることをおすすめしたい。なぜなら、私は3年半のあいだ毎週、今回で#191なので、つまり191週間、絶えることなく婚活中であることを記事でSNSで伝え続け、出会い運だけはあるので!

 

婚活相手、ゼロ状態!

とはいえ、エラそうなことを言える立場ではない(苦笑)。婚活相手がゼロになった。しばらく紹介される見込みもない。

「命たぶんそこそこ長いけど、婚活せよ乙女」。

止まっていても何も始まらない。自分から動くのみ!ということで、いますぐ出来る婚活は何か、冷静に考えた。

やっぱり、婚活アプリか。

以前に登録した婚活アプリ(メガネさんと出会った)とは、別の婚活アプリをダウンロードし、登録した。

 

2回目の「婚活アプリ」登録

何事も初めてのときは悩んだり、ためらったりする。以前、婚活アプリに登録したときもそうだった。

40代で登録しても大丈夫かしら。

誰からも「いいね」されなかったらどうしよう。

遊び目的の人がいたらやだな。

顔写真を掲載するのは怖いな。

どういう写真を載せたらいいの?

プロフィールに何て書こう。

……そんなことを考えて、二の足を踏んでいたことを覚えている。

けれど、2回目ともなると、まったく行動に迷いがない。サクサク登録して、サクサク記入。私も婚活アプリ慣れしたものだ。習うより慣れよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク