【九星フラワー占い】二黒土星の4月は「困っても人が助けてくれる心強さ」

春だというのに、不安の多いこのタイミングですが、星が発する声なきメッセージの中の希望の光を見つけていきたいと思います。

4月16日から5月の初旬まで、夏へとむかう季節の移り変わり❝土用❞の時期になります。

この時期は体調を崩しやすいので、充分に休みをとることも大切ですが、希望のほうに眼差しをむけて、気持ちを落ち込ませないようにしてくださいね。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

お腹を冷やすと運気が落ちるので注意

今月の二黒土星は、体が冷えやすく、そのため風邪にかかりやすい 傾向があります。

コロナウイルスが流行している この時期 ですから 不安も大きくなってしまいますね。

ですから体、とくにお腹や下半身を冷やさないように 注意してください。

そして規則正しい生活を心がけて、夜は早く寝るようにしましょう。

 

困ったときは、人が助けてくれる

笑顔と挨拶を忘れなければ、周囲の人たちは あなたの周囲に集まり、困っていれば助けてくれるはずです。

人によって態度を変えたり、 陰口や噂話をする といった事はしないように気をつけてください。

そういった裏表ある行い、または秘密にしていたことが、人の目に明らかになってしまう。

それがヒンシュクをかう恐れが今月はあります。

正々堂々としていてください。

 

行ったり来たりの手間から発展する

また、以前諦めたことに再チャレンジする機会に恵まれそうです。

こういう前向きな流れと、なかなか物事がうまくいかず“何度もやり直し、行ったり来たりする”という流れも経験することになるかもしれません。

そうする中で、今年一年かけて取り組むべき、新しい課題、テーマを見つけることになりそうです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、夫や恋人のいる人は妊娠しやすい傾向にあるので、欲しい人はチャンスだと思ってチャレンジを。

望んでいない人は注意してください。

フリーの人は、これまで頼りないと思っていた男性が、意外に有望な相手だと気が付くかもしれません。

また、じつは結婚しているという人が隠してアプローチしてくる心配があるので、この点も注意して。

金運は、あまりいい時期ではありません。

細々と散財してしまわないように、お財布の紐をしっかりしめて。

 

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ホワイトとブルー。

新年度のスタートにピッタリのさわやかな組み合わせではないでしょうか。

馴れないこと、不意に取り組まなくてはならなくなったことにも、前向きに冷静に対応する力を与えてくれます。

ラッキーパーソンは、気が優しく話し下手な男性。

こういった印象のある人から連絡がきたら、運気の流れにのっている証拠です。

喜びつつ、親切に返事を返してあげてください。

ラッキーフードは、ポン酢で食べる湯豆腐。

時々、寒の戻りがある4月、体を温める湯豆腐、血液の流れをサラサラにするといわれる柑橘や酢で、体調不良を予防してください。

落ち込みやイライラも防いでくれるでしょう。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク