なぜか、全然キマってない!40代がこの春に事故ってる失敗コーデ

春服が本格的に活躍するこの時期。気持ちも新たにオシャレを思う存分楽しみたいですよね。ですが、少々お待ちを!この春に流行しているアイテムの中には実は失敗しやすいコーディネートが潜んでいるのです。今回は、失敗しやすい2020年春トレンド服の特徴と失敗回避のテクニックをご紹介します。

パステルカラーのセットアップスーツ

今季、とくに目立って人気の高いトレンドがセットアップスーツ。秋冬も人気があったのですが春は色合いがより明るく、素材やとろみのあるものへ変化しています。なかでもパステルカラーのセットアップスーツは失敗しやすい要注意アイテム。とくに今年は柔らかなグリーンやホワイトカラーが人気なのですがスーツで取り入れるとオシャレ……というよりは病院の検査着や白衣を連想させかねません。

失敗の原因はダボっとした着丈の長いジャケットにワイドパンツというシルエットのせい。このシルエットはある程度、身長が高くないと野暮ったく見えてしまうのですね。できればパンツは細身シルエットのものを選んで。

 

挑戦的なカラーパンツ

 

この春、お目見えしているのが挑戦的なカラーパンツ。しかも、けっこう発色が鮮やかなレッドやグリーン、パープルといったカラーのタックパンツが登場しています。オシャレさんはこうしたエッジの効いたアイテムを手に入れたくなりますよね。

しかし、流行りだし可愛いからといざ買ってみると着こなしに迷うことに。スカートならまだ良いのですがタックパンツとなるとどうしても、視線がそこだけに集中しがち。とくに気をつけたいのが、トップスとボトムスで色のメリハリがつきすぎていること。例えば白のTシャツに真っ赤なパンツ。これだと赤いパンツだけが浮いてしまいやすいのですね。

カラーパンツはできるだけ馴染みの良い青色などの寒色系からスタートを。組み合わせるトップスの色合いもダークトーンかパンツと同系色でまとめられると良いでしょう。

派手なアイテムは「オシャレ」と「ダサい」が紙一重

今年の春も昨年以上になかなか個性の強いアイテムが登場しています。しかし、こうした色やデザインの主張が強いアイテムというのは1点取り入れるだけでオシャレになるいっぽうで、間違えるとダサく見えやすいです。できるだけコーディネート事例をたくさん参考にしてから取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク