【新型コロナ】人との接触を8割減する、10のポイント【専門家会議】

新型コロナウイルスを検討する政府の専門家会議が「人との接触を8割減らす、10のポイント」と題した資料が示されました。人との接触機会をさらに削減するために、日常生活で見直してほしい方針です。

 

人との接触を8割減らす、10のポイント

1.実家などへの帰省を避け、ビデオ通話でオンライン帰省すること。

2.スーパーでの買い物は、1人または少人数で、空いている時間に。

3.ジョギングは少人数で、公園はすいた時間・場所を選ぶ。

4.急ぎではない買い物は通信販売で。

5.飲み会はオンラインで行うこと。

6.診療はオンラインなどによる遠隔診療で。

7.筋トレやヨガは自宅で動画を活用。

8.飲食は持ち帰り、宅配も利用する。

9.仕事は在宅勤務で行い、通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のための業種に限ること。

10.会話はマスクをつけて行う。

 

職業によっては在宅勤務ができなかったり、病状によって遠隔診療が難しいケースもあるかもしれません。でも、一人ひとりが10のポイントを守った行動が、いま私たちができることです。

自分自身の健康はもちろん、すべての人の大切な命を守るために協力し合い、新型コロナウイルスによる影響を乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク