在宅中の「オバ劣化」がヤバイ!40代が「省いてはいけない」美容3選

朝から晩まで家から一歩も出ない日には、美容への意識も弱まりがちですよね。朝起きて、顔を洗い、化粧水くらいは塗るものの「誰に会うわけでもないし」と、“どすっぴん”のまま1日を終える女性もいるはず。

自宅から一歩も出ない日にはメイクへのテンションも下がりますし、今は外出を控えるべき時期だけに「毎日がそんな感じ」になっている女性も少なくないのではないでしょうか。

確かに「家にいるだけ」ならば、最低限の身だしなみや美容さえしておけば問題ないように思えるけれど、ここで省いてしまったがゆえに、少し先になって劣化を招くタネになっていたら、ちょっとショック。

時短美容家の私、並木まきが、在宅中のオバ劣化を防ぐのに、1日以上は省かないほうがいいお手入れをお話します。

 

在宅中だからと省くのは待って!1ヶ月後のオバ見え回避に不可欠なケア1:UV対策

家の中にいても、紫外線の影響は受けてしまうもの。自宅の庭やベランダでの日光浴は当然ながら、窓際で過ごしているだけでも、かなりの紫外線を浴びている場合もあるだけに侮れません。

自宅から出ない日には、面倒でUV対策を省きたくなる人もいるかもですが、たまたま数日忘れちゃった……ならまだしも、自粛生活のあいだ中ずっとUV対策をしないとなると、かなりの期間に。気付いたときに、うっかり肌がオバ化……なんて残念を避けるためには、在宅中にもUVケアの徹底が正解です。

スプレーやスティック状のお手軽アイテムを用いれば、さほど面倒にならずに対策がしやすいと思います。

 

在宅中だからと省くのは待って!1ヶ月後のオバ見え回避に不可欠なケア2:まつ毛ケア

メイクをしない日が多くなると、まつ毛まわりのケアにも意識が向きにくくなるもの。マスカラを塗らない日が多くなるほど、自分のまつ毛の状態にも無関心になりやすいですよね。

しかし40代のまつ毛は、ただでさえ加齢のせいで弱くなりがち。お手入れを怠ったことによって、一気にオバ化!を招かないとも限りません。

平時にまつ毛ケアをしていた人ほど、その劣化は、目に見えてわかりやすいはず。「今は、マスカラも塗らないし」とサボってしまうと、少し先になって「あれ? まつ毛がやせた?」なんてガッカリを招いてしまうかも。

「塗るだけ」などのお手軽ケアは、できる限り省かずに、いつも通りのルーティンを守ったほうが安心です。

 

在宅中だからと省くのは待って!1ヶ月後のオバ見え回避に不可欠なケア3:ネイルケア

今は手洗いなどを考慮し、ジェルネイルやネイルポリッシュを控え、すっぴんネイルで過ごしている40代女性も多いのではないでしょうか。

ところで、手洗いやアルコール消毒を考慮して、手指の乾燥には気をつけていても、ネイルのお手入れがおろそかになっていたとしたら、ちょっと残念。爪も手洗いや消毒によって平時より刺激を受けているので、いつもよりカサつきやすくなっているかもしれません。

ハンドクリームや化粧水で手指を保湿していても、意外と爪は盲点。お手入れを怠っていると、気づいたときには、ボロボロで年齢を感じさせるパーツになってしまうかも。すこやかな指先をキープするには、ネイル用のクリームやオイルでまめにお手入れが正解です。

 

在宅時間が長くなると、美容へのモチベーションも下がりやすいですよね。「今は外に出ないし」とお手入れをサボっていたがゆえに、1ヶ月後のオバ化が待っているのはガッカリですから、在宅中も“選択をと集中”でオバ見え回避ケアに励みたいものです。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク