【40代編集長の婚活記#199】50歳・医師が女性に求めるナゾの条件

40代の婚活は悲喜こもごも。婚活を始めて3年半以上になるOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)、いままであらゆる婚活を経験してきた。

現在、登録している婚活アプリでは、50歳の眼科医・レンズさんとマッチング。初回から本音トークで会話する。彼の発言に、大人の婚活に対する新たな発見もあって……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

「年齢」なんて気にしない人もいる

婚活中の男性が女性に求めるのは、まず「若さ」だと思っていた。実際、年齢を理由に断られたこともある。もちろん、そういう男性がいることは事実だけれど、そうじゃない男性もいる。眼科医のレンズさんとのメッセージで、ハッとさせられた。

年齢なんて、気にしなくていいんだ!

そして、おそらく年収が高いであろう眼科医という職業の男性が、女性に「経済力」を求めることにも驚いた。でも男性の立場に立って考えてみたら、とても合点がいった。変化の激しい時代、いつ誰がどんな状況になるかわからない。男性が家庭の経済の中心を担うとはかぎらないよね。私自身の中にも実はどこか「昭和な考え方」がはびこっていたことにも気づかされた。

つまり、女性に求めるものは人それぞれ! 一般的にいわれるモテとかウケなんて、気にしなくていいんだ!

 

再び、レンズさんからメッセージ

翌日の夜、またレンズさんからメッセージが届いた。

レンズ「こんばんは。お元気ですか? 僕は今日、仕事で横浜へ行ってきました。久しぶりに車を運転して気持ちよかったです。アサミさんは車の運転はなさいますか?」

アサミ「こんばんは。はい、元気にしております。車の運転免許証は持っているのですが、完全にペーパードライバーで。いまはまったく運転していません」

レンズ「そうですか。でも免許を持ってるのであれば、運転はできますよね」

アサミ「いま都内で生活している分には車に乗る必要性は感じませんが、もし今後、地元で暮らすようなことがあったら、車がないと生活できないですね。でもそのためには一度講習を受けないと! レンズさんは車の運転、お好きなんですか」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク