【九星フラワー占い】三碧木星の6月は「とうとう舞台の主人公に!」

1年の半分、折り返しである6月、これまでの混乱した雰囲気が変わり、整ってくる可能性が大いにあります。

世の中の変化をただ待つよりも、まずは自分自身から整っていきましょう。そのコツをお伝えします。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

パワー全開! 幸運期がやってくる

カラッとさわやかに晴れる日が少なくて、気分が下がりがちになる人が多い中で、三碧木星は、先月よりも気力と体力が増しているような気がしているのではないでしょうか。

しかも、社会的ステイタスがあるような頼もしい人が、あなたに味方してくれたり、あるいは、まるで華やかなの舞台のような活躍の場が与えられることも十分に考えられます。

 

ノリノリなのはいいけれど、調子に乗りすぎると

きっと、今、好調期ではあると思うのですが、もともと元気いっぱいの三碧木星は、あまり元気になりすぎると勢いあまってトラブルを起こしてしまうこともあるので、要注意です。

光は強くなるとそこにばかり目がいって、影にの存在を忘れがちになりますね。

 

陰でがんばる人に温かいまなざしを

そのため、ちょっと危険なことが近づいていたり、すぐそこに生じている問題点のようなものを、すっかり見落としてしまったり、活躍している人の姿ばかりが目に入って陰で頑張っている人の存在を忘れて、その人達を傷つけるような言動をしてしまう恐れも。

これでは、せっかくの人気を落としてしまう、そういう心配があります。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、一目ぼれされるということがありそうなのですが、2回目、3回目と接するうちに相手の心が離れていく心配が。

それはちょっと繊細な女性らしさに欠けていると相手に感じさせてしまうからで、話したくても7割くらいに抑えて、相手の話を「うん、うん」と聞くようにしてみてください。

金運は、うれしい契約や報酬アップの申し出がありそうです。

その一方で、お金を落としたり、急にチャンスを失うということもあるかもしれません。

暗い場所に身をおくこと、明かりがささないような場所や夕方以降の交渉などは避けるようにしてください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、シルバーとミントグリーン。

トラブルを避けるためのお守りのような働きをするカラーです。

もし、何かを失ってしまうようなことがあっても、金属(シルバー)のようなシャープさで気持ちを切り替えること。

そんなイメージングにも役立ちます。

ラッキーパーソンは、ヨーロッパ系の外国の方。

知り合いにいたら「元気?」とメールをしてみるといいでしょう。

いなければ、映画などで俳優さんを観て、エネルギーをもらってください。

ラッキーフードは、うなぎか穴子のお寿司。

与えられた活躍の場で力を発揮するためのスタミナフードです。

山椒やわさびを加えると、さらにパワーがアップします。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク