【九星フラワー占い】五黄土星の6月は「一緒に夢をかなえようという相手が」

1年の半分、折り返しである6月、これまでの混乱した雰囲気が変わり、整ってくる可能性が大いにあります。

世の中の変化をただ待つよりも、まずは自分自身から整っていきましょう。そのコツをお伝えします。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

「これがやりたかった!」が見つかる

5月のおうち時間、じっくりと自分と向き合った人、今の生活の中の❝あったらいいのに❞あるいは❝なくてもよかった❞に気が付いた人。

その経験があなたの中で熟して、この6月に起爆剤のような働きをしてくれます。

あなたが感じた、❝本当の自分はこうありたい❞や❝あったらいいのに❞、❝なくてもよかった❞と同じ気持ち、考えの人が、「一緒に実現しようと!」と、あなたにピッタリのオーダーをしてくれそうです。

 

目標達成はもちろん簡単ではない

それは簡単にやり終えられるものではなく、時間をかけ心をこめる必要があり、あなたはとても忙しくなることでしょう。

あなたに依頼をした人はもちろん、とても頼りがいのある人物が、力も知恵も貸してくれますし、あなたはそれを人に伝え教えて、またその力を借りなくてはならなくなりそうです。

誰から学び、誰に教えを伝えるのか、その人選が的確なのも、今月の五黄土星の特徴といえます。

 

器の大きさが身のたけに合ってくる

よく言えば器が大きい、悪く言えば大ざっぱな五黄土星が、キレキレのチームビルディングを見せるのです。

それは何も職場に限った話ではなく、家族や友人の中での役割分担でも力を発揮し、周囲の人たちにやりがい、自信、知識、経験、そして輝きをプレゼントすることになるのです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、結婚相手として申し分ないような男性との出会いがあるかもしれません。

ズバッと意見を言ってくると思いますが、正しいことをいっているので聞き耳をもちましょう。

そんな態度が相手の中のあなたの好感度を高めます。

金運は、財産相続といった話が持ちあがるかもしれません。

一見、お金に換算するとあまり価値がなさそうに見えるかもしれませんが、それが後々宝の山だったとわかるかも。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ベージュとパールカラー。

パールのアクセサリーを身につけてもOKです。

ファッション全体をシックでエレガントにまとめると、出会う人のクラスがアップします。

ラッキーパーソンは、会社経営者。

2代目や3代目といった跡目を継いだ経験がある人ならさらに◎。

セミナーで話を聞いたり、本を読むことでも彼らのパワーを取り入れられます。

ラッキーフードは、メロンパフェです。

山型に盛られたボリューム感あるパフェでリラックスタイムを!

忙しさを楽しいと感じる気持ちの余裕が生まれます。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

※全体の運勢を知りたいひとはこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク