【40代編集長の婚活記#216】婚活歴4年、フラれ続けた40代独女の選択は?

迷走を続けている40代の婚活……。OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は婚活歴4年、婚活で出会った相手は100人以上。

婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などで数々の出会いとデートを重ねてきた。婚活アプリで知り合った50歳の眼科医・レンズさんとは、3回目デートで終了し……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

大人デートのお会計問題

どのタイミングで払えばよかったんだろう……。

3回のデート代をすべてごちそうになっていたことをレンズさんに咎められ、デートのお会計問題に悩んでいた。

「あなたは、自立している女性じゃなかった」

「デート代は男が払うものっていう考えがあるんですよ。女性はごちそうされて当然という」

「あなたは。払った相手がどう思っているのか。そういう気遣いが欠けているんですね」

彼から言われた言葉の一つ一つが、頭の中から離れない。

 

私が20代の頃の風潮は

レンズさんが言うように、私の心の奥底では「デート代は男性が払うもの」と思っているのだろうか?

確かに私が20代の頃、1990年代はポストバブルの時代だったけれど、まだ残り香があった。女性は男性にごちそうされてナンボ、みたいな雰囲気もなくはなかった。「アッシー・メッシー・ミツグくん」なんて言葉もあったくらいだし。マスコミだって、お金を使ってもらえてこそイイ女、とあおる風潮があった。

ただ、モテない20代の女。それにあやかることもなく、仕事で忙しすぎてデートの機会なんかもなく……。社会人になってからは「食べたいものは自分のお金で」が、基本になっていた。

回らないお寿司も、三ツ星レストランも、予約の取れない焼肉も、友達と一緒にワリカン自腹。男性にごちそうしていただくことなんて、少ない人生だった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク