見られてます! マスクを外してギョッ…男が引いた40代女性の残念メイク

マスクをしている顔と外した顔のギャップが、悪い意味で大きいと、異性からのガッカリを招くリスクが上がる様子。40代になってまで異性に媚びるメイクばかり考えているのも微妙だと思いつつも、マスクを外した瞬間に「え?」と感じさせるのも、できれば避けたいのが女心ではないでしょうか。

「マスクを外すときに、メイクのあれこれがちょっと気になる!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回は、マスクを外した瞬間に男性たちが引いたという残念メイクの特徴に迫ります。

 

1:チークのメイク崩れで痩(こ)け顔!?

マスクを外したときに、パッと目に入りやすいのが頬。頬の印象がヘルシーだと、それだけで好印象を得やすいのに対し、ここが病的だと一気に残念な印象が強まります。

「なかなかタイプだなと思っていた女性が、マスクを外したら、頬の辺りが茶色に塗られていて絶句。マスクのせいで化粧が落ちてしまったのかもしれないけど、痩け具合がお化けみたいで怖かったです…」(42歳男性)

このケース、おそらくマスク装着時の呼気によってチークやファンデがドロドロになってしまい、頬周辺が茶色く見えたのではないかと感じました。朝のメイク完了時には完璧でも、マスクのせいで思わぬメイク崩れが起きていることもありますよね。長時間マスクをする日には、チークレスのほうが安全な場合もあります。

 

2:口紅がヨレヨレで不潔な印象…

マスクを外した瞬間に、口元の印象が残念だと清潔感に欠けやすいのも確か。

「会社の同僚で、わりとタイプな女性なんですけど。この前、一緒にランチに行ったら、マスクを外したときに口紅が唇からはみ出ている上に、色がまばらになっていて、ギョッとしました。本人に指摘するのもかわいそうかと思って見て見ぬふりをしましたが、不潔な印象だったのは否めないです」(45歳男性)

マスクをするときには、そもそも口紅はしない派の女性も少なくありませんよね。他方、マスク未装着時につけていた口紅を、オフせずにマスクをするとありがちなのが、このパターン。マスク装着時には、呼気の影響もあって思っている以上にメイクがヨレやすいため、口紅をしたあとにマスクをする際には一度オフすると確実です。

 

3:マスクをしていた箇所だけギラギラ

マスクをする時間が長い日には、マスク部分のベースメイクにも気を使いますよね。思わぬテカリに苦慮することもしばしばですが、そんなシーンはちゃっかりチェックしている男性もいるようです。

「親しい女友だちと飲みに行ったんですが、その子がマスクを外したら、顔の下半分だけ見事にテカテカで、上半分との違いが激しすぎてびっくり。見るからにそこだけギラついている感じで、なんとも不自然でしたね。彼女ではなく友だちなので、指摘しないままにしましたけど、彼女だったら触れたくないなぁって思うほどギラギラしていました」(41歳男性)

こちらもマスクの呼気のせいで、ベースメイクがヨレてしまったパターンかと推測します。トレンドになっているツヤ感の強いファンデーションだと、マスク内の湿度のせいで、ツヤツヤを通り越してテカテカやギラギラな見た目になってしまう場合も。マスクを外したときに、念のため油取り紙などで軽く抑えておくと安心です。

 

マスクをしているときには目に入らないパーツほど、外した瞬間には目が向きがち。ここに残念ポイントがあると、一気に好感度が下がるのも現実ですので、気をつけるに越したことはないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク