【九星フラワー占い】九紫火星の11月は「ラスボスが味方してくれる!」

誰にとっても驚くような出来事が起こりそうです。

けれども俯瞰して眺めることができれば、必然だったのかも、そういう縁だったのかもと、

天の導きであるかのように感じられるような出来事ばかりのよう。

俯瞰できるよう、ここで準備しておきませんか?

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

心強い味方が無茶ぶり⁈

小休止といいますか、これまでやってきたことを見直すことが求められていた10月が終わり、いよいよ結果が出る、あるいは何か物事を完成させ形にする、そんな11月がやってきました。

そしてここにきて、力のある味方や協力者があらわれます。

職場ならポジションが高めの上司、家のことなら父親が関わってきそうです。

ありがたいといえばありがたいのですが、彼らは急にちょっとした方向転換や、変更事項を言い渡してきたりもするので、九紫火星さんは驚いたり焦ったり、頭にきたりすることもありそうです。

本物のラスボスを探して!

けれども、そこで逆らったり、よくよく変更の仕方を聞かずに反射的に始めてしまったりすると、自分自身がパニックに陥り、これまでの運気の流れや、関わってきた物事を、複雑にこんがらがった状態にしてしまいます。

とにかく信頼できるリーダー格の人の指示に丁寧に従うことです。

ただし、リーダー格ではなくリーダー気分みたいな人には振り回されないように注意してください。

新しい自分を発見してハッとする

この変革の時代の中で、力ある人の指示やアドバイスを、その意味を考えながら消化していくことは、九紫火星を大きく成長させることになります。

元々、頭脳明晰でプライドが高い九紫火星さんですが、直感的にこの人の指示やアドバイスは大事だとわかり、嫌だなと思ったり、かムカつくといったことはないはずです。

そして行動するうちに、自分のポジションがかわっているということに気が付き、きっとハッとすることでしょう。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運は、親戚からお見合い話や男性の紹介があるかもしれません。

本来の好みのタイプとはちょっと違うかもしれませんが、ささっと切り捨てたりせずに、少し話をしてみてください。

じつはこういう人のうまくいくのかもという気づきがあるかも。

金運は、誰かが大切にしていてそれなりに価値のあるものを、あなたが受け継ぐ、ということがあるかもしれません。

遺産の生前贈与という可能性もあります。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはゴールドとホワイトベージュです。

知性と直感のきらめきを高めてくれるパワーがあります。

ラッキーパーソンは教育系の仕事をしている男性です。

もしも職場で悩ましいことがあったら、その男性に相談すると、思いがけずいいアイデアをもらったり、気持ちが晴れたりするでしょう。

ラッキーフードはじゃがいものコロッケ です。

熱々の揚げたてを食べると、大切にしていたのに最近忘れがちだった思い出が蘇って、いい気分転換になるでしょう。

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク