鉄則守ってる?「オトナのオフィスカジュアル」5つのポイント

2020.11.09 FASHION

在宅勤務でコーデを組み立てている人たちの間では、「出勤日にオフィスに何を着ていっていいかわからない」プチ浦島太郎現象が発生中? カジュアル派のオフィスコーデの鉄則をおさらい!

1・スカート丈は「長すぎず」「短すぎず」

「もう膝は出せない」年齢ですが、特に背が低めな人の場合、「ふくらはぎの途中の丈」では足が太く見えてしまいます。「ギリギリ膝が出ない長さ」を心がけてみて。マキシ丈の場合も、足首が細くなるちょうどいい位置を見せるように。

>>「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

 

2・モノトーンコーデには必ず色のある小物を入れる

制服のように着回しがちなモノトーンですが、バッグも靴も黒にしてしまうと「地味なおばあちゃん」になってしまいます。パープル、モスグリーン、ロイヤルブルーなど、深みのある小物を差し色に投入して。

>>グレンチェックの「オバさん見え」回避!40代ユニクロコーデ

 

3.今年のウエストは「イン」も試してみて

夏までのストンとした楽ちんシルエットの反動で、ゆるコーデもウエストマークの傾向です。コンパクトサイズのトップスの場合、意識的にウエストはインに!

>>みんな買ってた!ユニクロのベロアパンツ、40代のおすすめ色ランキング

 

4.敢えてもう1枚買うならエシカル色をプラス

淡い色、とりわけベージュは顔がくすんで見える…と敬遠していた人も、ここ数年のピンクみのあるエシカルカラーは試す価値あり。ブルーベースならピンクみを、イエローベースなら黄色みのある色を試してみて!スウェットがOKのオフィスなら、オーバーサイズすぎず丈も長過ぎないトップスは今年っぽさ高め。

>>いまユニクロでみんな買ってる!「おしゃれ見えスウェット」はこの色!

 

5・チュールはダメでもサテンなら

チュールのボリューミーなロングスカートにショート丈のトップスという組み合わせが増殖中。さすがに40代では…でもかわいい…と迷うならサテンを。ペールブルー、ピンク、ホワイトなど淡い色を選べば、プチプラでもプチ感がないのも嬉しいところ。

>>【ユニクロ】色チ買いする人続出!オフィスもOKな高見えスカート【40代の毎日コーデ】

 

スポンサーリンク