【40代編集長の婚活記#224】48歳独女、デート後に「ある病」を発症!?

40代の婚活は、予期せぬ出来事がたくさん起こる。婚活歴4年のOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は、4年間で100人以上もの男性と出会ってきた。

婚活アプリで出会った59歳の会社役員・ロマンさん。初デートのアフタヌーンティーを終えて家路につく途中、ものすごく疲労困憊している自分に気づき──。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

ロマンさんとのデートを終えて

ホテルのエントランスを出て、ロマンさんと別れた。本当はロマンさんと同じ銀座駅に向かったほうが便利なのだが、「早く一人になりたい」と思いあえてこう言った。

アサミ「私は日比谷駅なんです。それじゃ、今日はありがとうございました」

そして、足早に日比谷駅へと向かった。

聞き取れない会話をするロマンさんと過ごした2時間。正直、疲れ切っていた。そこから解放された帰路、あぁ、やっぱり一人ってラク! ストレスがない! 改めてそのことを噛みしめている自分がいた。

久しぶり気づいた「ある病」

似たようなことが以前にもあったことを思い出した。ジェントルさんとの2回目デートのときだ。

そろそろ私、一人になりたいかも……。

始まってしまった、「早く一人になりたい病」。時刻は17時半を過ぎていた。11時に待ちあわせをしてから6時間半、ジェントルさんと一緒にいる。

彼がイヤなわけじゃない。ゲイ疑惑も解消して安心もした。フツウならこの後の展開にワクワクするのかもしれない。けれど、それよりも私はなんだか……疲れた!

疲れてしまうと他人と一緒にいることが苦痛になる「早く一人になりたい病」だ。

  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク