【40代編集長の婚活記#225】婚活デートに疲れた独女が「選んだ道」

40代の婚活は、五里霧中……。婚活歴4年のOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は、4年間で100人以上もの男性と出会ってきた。しかし、出口が見えない。

婚活アプリで出会った59歳の会社役員・ロマンさんとの初デートを終えて疲労困憊。やっぱり一人でいるほうがラクだと思い始めて──。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

メッセージが来たけれど

59歳の会社役員・ロマンさんとのデートを終えた夜、彼からメッセージが届いた。

ロマン「今日はありがとうございました。アサミさんは話題が豊富なので、とても楽しかったです。ぜひ、またお会いさせてください」

ロマンさん、いい人だと思う。でも、声が聞こえず、発言を類推して会話をするのは正直キツかった。ものすごく神経を集中させなくてはならない。だからこんなに疲れてしまったわけで……。

メッセージだけではわからなかった聴覚の相性という問題が、ロマンさんと私との間に立ちはだかっていた。

彼のメッセージにどう返していいかわからず、その夜はメッセージアプリを閉じた。

 

どうする?「その気がないとき」

ロマンさんへの返信をしないまま、2日が経過していた。

また彼に会ってみたい? うーん、正直そうではない。とてもいい方だったけれど、また会いたいという感情は湧き上がってこなかった。返信できずにいたのは、どう返していいかわからなかったからだ。

婚活アプリで知り合った相手に「その気がない」とき。みんなどうしているんだろう? 婚活アプリ経験がある友人の数人に聞いてみた。

「もう会う気がないんでしょ? 既読スルーで放置すればいいんじゃない」

「ブロックしちゃえばいいじゃない。そうしたら向こうからはもう連絡来ないし」

だいたい、そんな意見だった。

  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク