「出会いがない」は言い訳。独身者が結婚しない、本当の理由

30代以上の男女が独身でいる理由の第1位は「適当な相手にめぐり会わないから」。

国立社会保障・人口問題研究所が発表した第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)で、未婚者に独身でいる理由をたずねたところ「適当な相手にめぐり会わない」という回答が30歳以上では最も多かったという。

でも「出会いがないから」は、結婚しない“本当の理由”になるのだろうか?

 

私たちは毎日「選択」をしている

私たちは日々暮らしている中になんらかの「選択」をしている。

コーヒーにしようか紅茶にしようか。

和食にしようか洋食にしようか。

階段でいこうかエスタレーターを使おうか。

選択に迷うときもあれば、瞬時にきまるときもある。そして、その選択がどっちを取ってもその後にあまり影響がないこともあれば、人生そのものに大きな影響があることもある。

 

結婚するも、しないも「選択」

独身でいること。これも「選択」しているからだ。

「出会いがなかったから」というのは根本的な意味では理由にはならないと思う。誰にも多かれ少なかれ出会いはあり、そして限りもある。結婚した人はその限られた中で結婚するを選択したのであって、独身者は結婚するという選択を、自分自身がしなかった。

結婚していないのは、それを「選択」しなかった結果だと思う。

 

仕事と恋人、どっちを優先?

本来「恋愛・結婚」と「仕事」とは、別次元の問題であり、どっちが大事とかは本来はない。だが、物理的・時間的にどちらかを優先しないとならないことはある。

例えば、明日の朝までに提出しなければならない仕事があり残業していたときに、恋人から「今から会えない?」と連絡が入ったとする。

仕事を手早く片付けてデートにいければベストだろうが自分の能力では深夜までかかる仕事であり、恋人は長時間は待ってくれない場合。どちらかを優先せざるを得ない状況になる。

同時にはできない。まずはどっちを優先する?

 

選択は、その後の生き方に影響する

翌日、上司に怒られてもいいから仕事は完璧にはせずに恋人の元へ行くか、恋人にデートは行けないと謝って仕事を全うするか。どちらを選択するかは本人次第。

本来くらべるものではないけれど、時間という点では、仕事を優先するか、恋愛を優先するかが存在してしまう。

どっちを優先しても、その後の仕事や恋人との関係性にたいして影響しない場合もあれば、仕事における信頼を大きく失うことや、恋人にがっかりされ距離を置かれてしまうこともある。ほんの小さな選択ではあるけれど、その後の生き方にまったく影響しないわけではない。

例として仕事と恋愛をあげたが、友人と恋愛、家族と恋愛、趣味と恋愛……さまざまな選択がある。

 

「じゃないほう」を選択

私自身、40代で独身でいることは、出会いがなかったわけでも、たまたまでもない。選んだからだ。恋愛や結婚「じゃないほう」を。

先のような場面が20代、30代であったと思う。そのとき選択したのは迷うことなく仕事だったり、趣味だったりした。恋愛より仕事や趣味を選んだことが、現在独身であることと無関係ではない。でもそれは、会社のせいでも趣味のせいでも恋人のせいでもない。自分がそうしたいと選択したからであって、後悔はない。

結婚するかしないかは、結局自分の恋愛や結婚を優先しないという「選択」。

独身者が結婚していない理由は「出会いがないから」「仕事が忙しいから」ではないのである。

 

スポンサーリンク

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

家でひとりが好きな人は内向型?リラックスのツボを40代女性読者に聞いてみた

みなさんはリラックスといったらどんなことを連想しますか?どんなことを、どんなものと楽しんでいますか?ドラマといっしょにお気に入りの台湾茶を楽しんだり、 ワインや…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事