【九星気学】四緑木星の1月は「自分を誇らしく思える月」九星フラワー占い

今月は2020年の1年間がどのような雰囲気であり、あなたにどのようなことが起きるのかがわかる濃密な1カ月です。

1年を有意義に過ごすために、起こりうることを占いますので、それを手がかりによくよく観察しながら過ごしてほしいと思います。

※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運勢を知りたい人はこちら

【2021年1月5日~2月3日運勢】

人から評価されていたことを知る!

2020年の間はずっと細々とした仕事をしていて、自分がやりたいからというよりは、しなくてはいけない状況になるということが多く、満足感は後回しという状況ではなかったでしょうか。

2021年はさらに忙しくなります。

1月から早速、いろいろな方面の色々な人から声がかかりそうです。

けれどもその声というのは、「あなたがこういうことがよくできる人で、とても期待をしているからお願いしたいのです」というとてもうれしい言葉で依頼されそうです。

周囲がよく見えてくる

あなた自身も、ああそうだ、自分はこういうことがやりたかったんだと、目が開かれるような、そんな嬉しい気持ちを感じることができるでしょう。

しかも、ここまでやってきたことが評価されるというか、脚光を浴びるということもありそう。

光を浴びると言うか人の温かい眼差しを感じ、自分自身もやっと物事がよく見えてくる、そんな感覚はあなたを大いに充実した気持ちにさせるでしょう。

成果を欲張ると、途端に運気が下がる

ただし、ここで注意が必要なのは、もっともっと評価や成功が欲しいからと、人を差し置いたり、時間がかかりそうなやるべきことをすっぽかして、要領よくやろうとすること。

こういった方向に心がかたむくと、途端にこの後の流れが乱れていきます。

コツコツとやることに加え、これまであなたを下から支えてくれた年齢や立場は自分より低い人に、今度はチャンスを譲り、手助けをするということが、自分自身のためになります。

そして、いつも明るく自分から挨拶したり、自分から声をかけるという、爽やかな振る舞いが運気を高めます。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運は、とても華やかになりそうな星回りです。

片思いをしてきた人と接点が持てたり、無理かなと諦めていた人と距離が近くなるチャンスが回ってきたりしそうです。

金運に関しては、お金回りが良くなりそうな手応えはありつつ、実際に現金が手に入るのはちょっと先になりそう。

ただ、ここで具体的に「これだけの金額が欲しいな」とイメージしておくと、未来の収入に影響するので、しっかりしておいてください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはネイビーとブラウンです。

嫌なことがあっても、未来をあきらめない強い気持ちを与えてくれる組み合わせです。

ラッキーパーソンは年下、とくに男性です。

先に年下の人たちにチャンスのおすそわけをというふうなお話をしましたが、今月は彼らから帰ってくるものもたくさんありますので、楽しみにしていてください。

ラッキーフードは梅酒。

今月は疲れてくると喉に症状が出やすいです。

そんな時は、温かい梅酒を飲んで早く休むようにしてください。

回復を助けます。

 

バラの花が象徴する四緑木星の魅力とは

5月のさわやかな風に揺れる可憐なバラが四緑木星を象徴しています。バラは姿が美しいだけでなく、いい香りで人の気分を和ませます。清潔感があり、上品でさわやか、そして人を和ませる力が、これが四緑の女性本来の魅力です。人の気持ちを尊重するあまり、優柔不断なところもありますが、風にゆれるように「どうしようかな」と迷う姿がまた男性の心を惑わせていたりします。ピンクのバラの花言葉は、「しとやか、上品」「感謝」「幸福」です。人から感謝され、人に感謝する生き方が幸福であることを四緑木星の人はよく知っていますが、なぜか身内に厳しいという一面も。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク