【九星気学】七赤金星の2月は「人生を変える出会いが!」九星フラワー占い

東洋の古い暦では、2021年の本格的なスタートは2月3日23時59分から。

そしてこの1年の幕開けの月は、それぞれの星の特徴が強く引き出され、本来の自分らしさを思い出させられる星の巡りになっています。

きっと波乱含みの1年を乗り越えるには、自分の本質と向き合うことが必要だという星からのメッセージでしょう。

では、星が教えてくれる、あなたらしさについても一緒に考えていきましょう。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運気はこちら

 

【2021年2月3日~3月4日運勢】

誰の目から見てもわかる実力を手にする

七赤金星といえば、話し上手で楽しいことや美味しいものが大好き、抜けているところはあるけれども、じつは仕事や勉強ができたりする実力者だったりする人が多いです。

その陰の実力者である七赤金星は今年、誰の目から見てもわかるような実力を身につけるべく、数々の課題、そして自分の後ろ盾となってくれるような人たちとの出会いを経験しそうです。

そんな変化・改革の兆しがこの2月から見え始めるでしょう。

そしてこの変化・変革のスタートというのは人との出会いからになります。

今月は積極的に人と会うようにしてください。

食事をしながら自分が思い描いている夢を友人や家族に話すのもいいですし、具体的にセミナーや勉強会などに出席するというのも大切なラッキーアクションです。

 

仕事運は…世代間のギャップを埋める役割を買ってでて!

仕事に関しても、もちろん積極的なディスカッションが必要です。

とくに今月は、上の立場の人と下の立場をの人の間に立ってつなげるという役割をすることになりそう。

立場や世代、考え方のギャップをあなたが翻訳するということになります。

わからず屋がいてもイライラすることなく、とにかくを優しく丁寧に、そしてカッとなって失言することのないように注意をしてください。

運気に波がある年なので、強運の今月を大切に

先月思いがけないアクシデントに見舞われた人は少なくないと思います。

1年間を通して七赤金星には、こういったアクシデントが起こる可能性があります。

いいことがあったと思うと、困ったことが起きるといったように、運の波がある程度上下しますので、今月のように運気の強い時は大いに活躍前進しておいてほしいと思います。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、フリーが長かった人は特に新しい恋の予感があります。

パートナーがいる人は、その人との関係を見直すきっかけになるような出来事があるかもしれません。

もちろん見直すというのは悪いことに限らず、例えば結婚についての話題が持ち上がるかもしれません。

金運に関しては、今後お金を生み出してくれそうな何かを誰かから譲り受けたり、あるいは親族から遺産分与の話が出ると言ったことがあるかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはオレンジとベージュです。

メイクで取り入れることをお勧めします。

表情を明るく、しかも大人っぽく上品に仕上げてくれます。

大人っぽい落ち着いたコミュニケーションがとれるお守りカラーです。

ラッキーパーソンは、八白土星(生まれ年についてはこちらをご確認ください)、または飲食店に勤める女性です。

このご時世なので、大変な思いをされてる方が多いと思いますので、ぜひに励ましてあげてください。

そうすることであなたの運気もアップします。

ラッキーフードは、辛子明太子です。

思いがけない変化にも対応できる力を与えてくれます。

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク