このLINEが来たらお別れ間近!?男性のお別れサインって?

男性は、ある日突然、はっきりとした意思で別れを切り出すことが多いと言われています。決断した後に振られる側が何を言っても、挽回の余地はないことも……。

となれば、別れを切り出される前に、未然に回避する方が良いかもしれません。男性からは、どのような別れのサインが出ているのでしょうか。

 

①「しばらく忙しそう……」

「綺麗事になってしまいますが、やっぱり別れを切り出すのって辛いです。ズバッと言えない時は少しずつフェードアウトしようと言う気持ちになります。会わないように、LINEや電話での話もできるだけ減らして行こうと考えますね。

コミュニケーションが減れば相手の気持ちも冷めていくだろうし、辛くさせなくて済むかもしれないとも考えます。『しばらく忙しそう…あまり関われないかも』というようなLINEをして少しずつフェードアウトを狙います。愛する彼女のためにはいくら忙しくてもコミュニケーションする時間は作るはず。なのにこんなLINEが来たら要注意ですよ」(39歳/男性)

 

②事務的な営業トーク

「お人好しそうな同じ年齢の同僚と付き合っていた時、いきなり別れを切り出されました。年齢的にも共働きしながら子育てできる環境的にもお互いベストだと思っていましたが、突然別れを切り出され、びっくり。

でも、振り返って考えてみると彼からお別れサインが出てました。そのお別れサインは、返事が遅く、やっと返事がきたかと思うと『今日こんなことあったよ』と言った愚痴や雑談が無く営業トークという状態でした。彼も気不味かったのかなと思います」(47歳/女性)

 

③謝罪やフォローなしの返信遅れ

「男性はもともと連絡がまめじゃない人も多いから、お別れを考えるようになったらなおさら頻度が減ってしまうはず。この言葉が来たら、というよりは返事が来るのが明らかに遅くなったり来なくなったりしたら、もうダメなのかなと感じますね。ただ、それだけであきらめるのはまだ早いですよ。

不器用でひとつのことしか考えられないタイプなら、もしかしたら今は仕事に気持ちが向いているのかもしれません。ほかの女性に傾いていて返事がおろそかになっているならアウトだけど、どちらなのか見極めは慎重にしたほうがいいでしょうね。遅れることに対する謝罪やフォローがあるかなどは判断ポイントです」(44歳/女性)

 

一度、「別れようかな」と考え出した男性の気持ちを変えることは難しいですが、なぜ別れを考え始めたのかなど原因をよく考え、取り除いていけたらいいですよね。

スポンサーリンク

    もっと見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク