【40代編集長の婚活記#240】「出会い」のきっかけが変わった!? 婚活4年半で感じたこと

40代の婚活は、意外とわるくない気がする。婚活歴4年半のOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は、これまでに100人以上もの男性と出会ってきた。

4年半で結婚に至っていないのだから「ダメじゃないか」と思う人もいるかもしれない。でも婚活を経て、自分にとってのゴールは結婚ではなく信頼できるパートナーを見つけることだと考えるようになって……。

この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

 

直接アプローチだけが活動じゃない

久しぶりに届いたキャットさんからのメッセージ。共通の知人であるITさんから、私と会ったことを聞いたからのようだった。

私からはキャットさんにそのことを連絡してなかったけど、こうやって伝わっていくこともあるのね。やっぱり行動しておくことって大事かもと、改めて思った。直接的じゃなく、間接的なことであっても。

婚活にかぎらず「◯活」っていうものは、就活、終活……なんでもそうかもしれない。直接、対象の相手や事柄にアプローチするだけでなく、少し違った確度からのことも、めぐりめぐって直接の対象に生きてくることがある。

停滞しているようにみえて、水面下でなにかが進んでいるように感じた。

 

「見に来ませんか?」

キャット「面白いかただなとは、僕も前から思ってました」

アサミ「あれ? なんかアホなこと言いましたっけ?」

キャット「僕の猫画像へのコメントがいつも楽しいです」

アサミ「それはもう、素直な気持ちを書いてるだけですから!」

キャット「本当に猫がお好きですよね」

アサミ「猫画像を見ているのが癒やしなんです」

キャット「あの、よかったらなんですけど…」

アサミ「はい」

キャット「今度、僕たちがやっている保護猫施設、見に来ませんか?」

おっと!? これは、何? キャットさんからのお誘いってこと?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク