美しい50代女性が「絶対着ない」3つのアイテム【40代からのオシャレな人】

2021.03.17 FASHION

若いころは何も工夫せずに着こなせていたカジュアルアイテム。でも、大人になった今、昔愛用していたカジュアルアイテムを着るとどうもチグハグ…。そんな経験はありませんか?

 

肌が違う、髪が違う、肉が違う、体重が違うの♪と、往年の名曲風にお伝えさせて頂きますが、そう、いろんな事が変わってくるのが私たち。

 

@auspice_yuさんは、大人っぽいカジュアルスタイルで大人気のアラフィフインスタグラマー。

 

早速、その着こなし術を見せて頂きましょう。

 

ライダースは脱レザー。
ニット地を選ぶのが正解。

ライダースジャケットと言えばレザーが定番。でも、大人世代が着ると頑張りすぎに見えてしまうことも。@auspice_yuさんは、ニットタイプをセレクト。それだけで、コーディネートに大人っぽい優しさが加わっています!

「ニットタイプのライダースはしばらく着ていなかったのですが、50肩にも優しいんです(笑)。アクセサリーはゴロンとしたバロックパールを合わせてみました(@auspice_yu さん)」

 

ブランドに頼らない!
全身ユニクロでもこんなにオシャレ

まさかの全身ユニクロコーデ。とても垢抜けて見えるのは、細部にまで気を配っているから。たとえば、グレーのニットにご注目を。えり元や袖から、チラリと白いカットソーが覗いていますよね。微量の「白」があるだけで、スカートとニットがキレイにつながっています。

 

また、特筆すべきは、上品な色合わせ。白、グレー、ベージュの3色を重ねることで、コーディネートに奥行きが生まれています。

「春色のブーツは半端丈の白のボトムスに合わせたくて買いました。
白×ベージュ×グレーはカジュアルだけど品よくまとまる感じが好きです(@auspice_yuさん)」

白シャツはそのまま着ない!
ジレやネックレスで盛り上げる

シンプルな白いシャツは、若い頃ならシンプルに着てもOKだったはず。でも大人になった今、シンプルなだけだと何だか地味に見えてしまうことが…。@auspice_yuさんはユニクロのスタンドカラーのシャツに、アクセリーをジャラジャラとプラス。

「薄着になるとアクセサリーをジャラジャラつけたい気分になります。この日は久しぶりにブレスレットもつけました。(@auspice_yuさん)」

 

大人ならではのカジュアルアイテムの選び方や着こなし方、ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 鵜沢みな子

スポンサーリンク

スポンサーリンク