春眠暁を覚えず!?スッキリ目覚めて動ける4ステップ!

昔から「春眠暁を覚えず」などといいますが、暖かな心地よさの裏返しか、微妙に眠気が残ってスッキリ起きられない……

そんな朝におすすめのアイテムや、ユニークな目覚まし方法、簡単なストレッチなどをいくつかご紹介しましょう。

春の睡魔に負けずに、気持ちよくスタートダッシュを切るコツとは!?

ベッドの中でできる、簡単4ステップ!

1)部屋を明るくする

目覚まし時計のアラームが鳴ったら、カーテンを開けるか、部屋の照明を点けて、室内をパッと明るくしてしまいましょう。

目覚めると同時に太陽の光を浴びることができればベストなのですが、季節や天候、起きる時間などによっては、それができない場合も多々あります。

照明のスイッチが遠くてリモコンも無いし、窓も遠い……というような場合は、電気スタンドやクリップライトなどを枕元に置いておいて、スイッチON!

脳は、目から入った光の刺激によって覚醒するので、目覚ましアラームと一体化した「光目覚まし時計」や「ウェイクアップライト」など、お気に入りのアイテムを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

2)思いきり伸びをして、手足をグーパー

全身に力を入れて、両手両足を思いきりキューッと伸ばし、そのまま手の指と足の指を同時に、グーパーグーパーと動かします。

慣れてきたら、グーパーをグーチョキパーにしたり、右手と左手で逆の動きをする など、徐々にレベルアップしてみましょう。

さらに、右手でグーチョキパーをしながら、左手でパーグーチョキ…… これができるくらいになれば、睡魔もさっさと退散しているはず!

 

3)声を出す

「おはよう!」と口に出して挨拶をする、時計を見ながら「今、7時15分!」と読み上げる、好きな歌を口ずさむ(鼻歌ではなく、歌詞をちゃんと歌う) など、とにかく声を出してみましょう。

お気に入りの本を枕元に置いておいて、好きな箇所を声に出して読み上げる、というのもいいですね。

私の友人はかつて、自分と同じくらいに朝起きるのが苦手な同僚と相談して、「7時を過ぎたら、早い方がモーニングコールをしよう!」というユニークな方法をとっていたそうです。電話となれば、かける方も受ける方も必ず声を出して喋るので確実ですし、お互いに楽しかったものの、転職を機に解消せざるをえなくなったとか……。(笑)

 

4)眠気解消のツボを押す

顔の周りには、眠気を解消して頭をスッキリさせるツボがいくつかあります。

眉頭の場所にある「攅竹(さんちく)」や、目頭の内側(鼻の付け根)にある「晴明(せいめい)」、頭のてっぺん、つむじ付近のくぼみにある「百会(ひゃくえ)」は、睡魔撃退の即効ツボであると同時に、目の疲れや顔のくすみ対策にも効果的!

「タオル1本のストレッチ」で体のスイッチON!

起きて顔を洗ったら、タオルを触ったついでに簡単なストレッチをしましょう。

以前に、ガンコな肩こり対策の方法としてご紹介した、タオル1本でできるストレッチ(やり方はこちら)は、まだ動きが鈍い朝の体にもおすすめ!

「体の前でフェイスタオルの端を両手に持って、そのまま頭の上を通過させ、肩甲骨、背中、腰のあたりまで回すだけ」

という簡単なものですが、じっと寝ている間に固まりがちだった肩甲骨が大きく動くので、呼吸も体も軽くなってスッキリした気分になります。

 

朝に弱い人が「朝を楽しむ」コツは?

規則正しい早寝早起きが、美容と健康にはいちばん!……とわかってはいても、夜の時間が大好きで、徹夜するより早起きすることが苦手な私……。

起き抜けはどうしても、頭も体もなかなかスイッチが入らず、シャキッと動けませんでした。

苦手な朝を、少しでも気分よく楽しく効率的に過ごすためには、「好きなこと」や「したいこと」など、自分が心地良くなる方法をあの手この手で用意しておくのがいちばんです。

好きな音楽や本、お気に入りの動画やブログ、アロマセラピー(交感神経を目覚めさせるためには、ローズマリー、ペパーミント、グレープフルーツなどがおすすめ)、おいしいお茶や朝ごはん、丁寧に淹れたドリップコーヒー、お気に入りのスイーツ、犬と一緒に散歩する、あるいは人気の朝活に参加してみる、などなど……。

その代わり、「しなければならないこと」、つまり出勤の準備や着る服、忘れてはいけない持ち物、朝食の下ごしらえなど、前夜のうちにやっておけそうなことは前夜に、できるかぎり済ませておく! というのも手ですね。

朝、横目で時計をチラ見しながらドタバタするより、好きなことを楽しみながらゆったり過ごすことができれば、その一日の満足度もきっと大きくアップするはず!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

やせる顔・手のツボ押し!スキマの5分で肩こり&ストレスもすっきり

梅雨もまだだというのに、早くも夏のような外気の暑さと、冷蔵庫のように思いきり冷えた電車内……。朝晩の寒暖差どころではない落差に、体もついていくのが大変で、自覚以上に疲れがちな時期です。仕事や家事のスキマ…

5分でウエスト 2.5cmやせ! バスタオル2枚ですぐできる骨盤メンテナンス

疲れが抜けない、肩こりや腰痛がひどい、生理痛が重い、そして下半身太り……。そんな悩みの元として注目されているのが、“骨盤のゆがみ”!肩の高さやウエストのくびれ方が左右で違っていたり、猫背や反り腰を指摘され…

二重あご・シワ・たるみにさようなら!寝る前1分で老け顔を防ぐ「顔体操」3つ

正面から見た自分の顔は見慣れていても、たまたま誰かが撮った写真にうつっている自分の横顔を見て、「……いつの間にこんな、たるんだ顔に!?」と愕然とした経験を持つ人は私だけではないはず。(笑)頬やあごがぼんや…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる(あるいは自称する)ことにあまり抵抗がな…

肩こり・足のむくみ・歪み太りに!ベッドで寝る前5分の「エア泳ぎエクササイズ」

暖かくなって、体を動かすのも気持ちいい季節になってきました。少しずつ薄着になるので、スタイルアップも気になって、スポーツジムに入会する人もぐんと増える時期だとか。「エクササイズも水泳もやりたいけど、ジ…

呼吸だけでやせる?『1:4:2 人魚姫の深呼吸』とは

いわゆる「フレッシャーズ」ではなくても、何かと身の回りの変化の多い4月。つい必要以上に頑張りすぎたり、気負いすぎたりして、呼吸が浅くなっていませんか?そんな時は、ちょっと立ち止まって、大きく深呼吸!!…

歪みも疲れも解消する「3秒マジック」で肩こり・たるみの対策3つ

無意識の癖や姿勢からくる「歪み体形ブス」にならないための、『手のひら返しの3秒マジック』(前回の記事はこちら)。今回はその応用編を3つご紹介いたします。全身に効く!手のひら返しの応用3パターン1)足・太も…

体形ブス脱却の3秒マジック!「〇〇を返すだけ」で歪み太りも疲れも解消

野暮ったく見えるのは、重ね着しているせいよ、寒いんだし…… という言い訳がだんだんできなくなってくる(笑) 春です! 歓送迎会やお花見など、写真を撮る機会も増える時期ですね。写真の中の自分が、なぜか前より…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませてしまうことも増えてきますが、そんな日々…

だるい、眠い、イライラ……プチ不調を解消1分ハンドマッサージ

3月も半ば、指先のネイルも春らしい色にチェンジしたくなる季節ですね。手や指が美しいか荒れているかで、印象はかなり変わりますし、保湿などのケアも大切なのですが、手は足の裏と同じく、頭や内臓をはじめ全身の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事