その洗顔では「オバサン化」! 洗顔で知るべきこと3つ

アラフォーに差し掛かってから、肌の乾燥が気になりだしたという方は増えていきます。このとき洗顔で勘違いしているのではないか、と気が付いていく方はあまり多くありません。しかし洗顔で肌を乾燥させている女性は多いのです。

乾燥で肌をオバサン化させないためにも、勘違いしていることを正していきましょう。洗顔の見直しでイヤーなオバサン肌を回避できるはずです。

 

洗顔が重要なのはわかっていても…

健やかな美肌をキープさせるために欠かせないのは、不要なものは取り去り、必要なものを補うことです。すると洗顔も重要なポイントになるということは、多くの方がご存知でしょう。顔を洗う爽快感だけではなく、その跡に行うステップの効果にも差が出ます。

 

また花粉のシーズンであれば、アレルギーの原因物質である花粉を洗い流すことは重要な課題です。また汚れが付着したままであったり、古い角質や皮脂が残ったままであったりでは、スキンケアで優秀な美容成分を与えてもゆきわたりにくくなってしまいます。

このように洗顔は肌を健やかに美しくさせるためには欠かせないステップです。しかしながらアラフォー以降になっていれば、洗顔を見直す必要も出てきます。肌は乾燥しやすくなりますし、失われていく肌のうるおいを守ることが大きな課題になるからです。

 

10代20代の肌のように洗えば洗うほどツヤが出るといった肌ではなくなっているのがアラフォー以降の肌。洗顔の役割である「洗い流す」ことで、失いたくないうるおいも洗い流されてしまうことがあるのです。それがアラフォー肌の乾燥の原因の一つでもあります。

 

過剰な洗顔で肌は緊急事態!

確かに洗顔は心地よさを与えてくれるというメリットを持っています。しかし肌が濡れた状態では、肌のうるおいを支えているセラミドが流れ出てしまうというデメリットもはらんでいるのです。つまり頻繁に洗顔していれば、うるおいを損なうリスクも与えます。

 

健やかな美肌を目指して洗顔を頑張っているのに、肌の乾燥で美しさや健やかさを損なうことが多いのもアラフォー肌の特徴です。現在の洗顔料がいくら優秀だとは言え、肌のうるおいを一切洗い流すことなく、汚れだけ落とせるということはありません。

乾燥しやすくなっているアラフォー以降の肌に過剰な洗顔はおすすめできません。失われてしまったうるおいを肌に回復させるには時間がかかります。洗顔後すぐに化粧水をなじませ、美容液を与えても、すぐさま肌のうるおいが元通りとはいかないわけです。

 

肌の乾燥が治まらないという問題がある場合、洗顔の頻度が過剰ということも考えられます。元からある肌のうるおいを減らしにくいように洗顔をするなら、洗い過ぎないことも肌を回復させるポイントになるので、洗顔の回数を見直すことも重要です。

 

朝の洗顔が慢性的な乾燥の原因?

どのシーズンでもなんとなく朝の洗顔にも洗顔料を使っているなら、アラフォーの肌だとうるおいを自分から手放しているも同然です。「でもオイリー肌だし」と思う方もいるでしょうが、肌のうるおいのなさから起きている皮脂浮きと判断すべきでしょう。

 

アラフォー肌のスキンケアの課題は今持っているうるおいを奪わず減らさないこと。それを考えていくと、汚れや古い角質や皮脂を洗い流せる洗顔料を朝の洗顔で使うのは得策だといえません。落とす力があるということは肌のうるおいも落としているからです。

睡眠中は基本として素肌ですよね。また眠っている間にダメージを受けていた肌の修復がなされています。このことを踏まえると、朝の洗顔は水かぬるま湯だけで充分なのです。肌に不要なものが圧倒的に少ない朝の洗顔では洗顔料を使わないこともポイントです。

 

なお乾燥し過ぎて水やぬるま湯での洗顔で肌がピリピリするというときは肌触りの良いコットンに配合成分がシンプルな化粧水をたっぷり含ませて撫でるように肌を拭き取ることもおすすめです。コツは拭き取るではなく、撫でるように。洗顔方法も柔軟に考えましょう。

 

洗顔料の美容成分は実は無意味に等しい

現在、数多くの化粧品が出回っていますし、洗顔料となればデパコスからプチプラまで考えていくと、種類が豊富です。また美容成分を配合していることを最大の魅力にしている洗顔料もかなりの数に上っています。肌にいい効果がありそうなイメージですよね。

 

しかしここで忘れてはいけないことは、洗顔料というものの役割が何か、ということ。汚れや肌の不要なものを洗い流すものです。つまりどんなに優秀な美容成分をたくさん配合していても、洗い流して落とすものでしかないという現実です。

洗顔料に美容成分を配合していれば、肌へのクッションになって刺激を減らすことは可能ですが、その美容成分が肌に働きかけてくれる可能性は低いといえます。美容液や乳液、クリームのような効果を期待することはできないと考えるべきです。

 

あくまでも洗顔料は汚れなどを洗い流すためのものだと考えておくことも欠かすことができません。皮膚科医によって意見が分かれますが、洗顔で汚れなどを落とすことに集中させたいならシンプルな固形石けんのほうが健やかな美肌育てるをために役立つのです。

 

アラフォーがオバサン肌にさせない乾燥しにくい洗顔の常識は

1.洗顔の回数を見直す

2.朝の洗顔では洗顔料を使わない

3.洗顔料は汚れなどを洗い流すためのものだと考えておく

 

の3つです。上手に肌の汚れや不要物だけを洗い流しつつ、うるおいを逃がしにくい洗顔を心がけましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事