#32バツあり男性の「よくある離婚の理由」とは?【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は2年かかると思ってください」。恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われて始まった44歳・独身・ノーバツのOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティとデートを繰り返す日々を過ごしてまもなく半年。

3人目のデート相手となったのは55歳・会社経営のホワイトさん。年末年始は息子とゴルフ、離婚歴ありという話からすっかりバツイチだと思っていたら、まさかのバツサンと告白され……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

まさかの「バツサン」という衝撃

デートの会話で、私の結婚歴などをかなり突っ込んで聞いてきたホワイトさん。それならこちらも聞いていいよねと、ホワイトさんにも突っ込んで質問をしていく。

アサミ「ホワイトさんは、どうして離婚されたんですか?」

ホワイト「全部聞きたい?」

アサミ「何が全部ですか?」

ホワイト「離婚した理由を全部」

アサミ「全部じゃなくていいですけど……離婚の理由がたくさんあるんですか?」

ホワイト「そうじゃなくてね」「実は僕ね……。“バツサン”なんだ」

思考が一瞬、停止する。

息子がいる、離婚したと聞いたときから、てっきりバツイチだと思っていた。しかし、まさかの“バツサン”。その事実に、正直ちょっと引いている自分がいた。

 

可哀想、それとも懲りてない?

いや、ここで勝手な判断をしてはいけない。何事も先入観はよくないのだ。ちゃんとホワイトさんと話をして、自分なりに判断しよう。以前、恋愛結婚カウンセラーの先生から聞いた話を思い出した。

離婚を繰り返しているということは可哀想なケースもあれば、懲りてないケースもあります。

そう、“可哀想なケース”もある。結婚・離婚に懲りていないケースの場合は今後もそれを繰り返す可能性大かもしれない。しかし、可哀想なケースの場合は……同情の余地がある。ホワイトさん、可哀想なバツサンのか、懲りてないバツサンなのか?

ホワイト「ビックリした……よね?」

アサミ「はい、正直……。バツサンの男性って、お会いしたことないです」

ホワイト「そうだよね。バツイチやバツニならまだしも、バツサンは驚くよね」

アサミ「はい。そもそも結婚0回の人間からしたら、3回も結婚したということもスゴイと思いますけど」

おいしいお酒にちょっと酔いが回っていたけれど、バツサンと聞いてから一気に醒めた気がする。とりあえず離婚の理由……聞いてみよう。

 

1回目の離婚の理由は?

可哀想な離婚を繰り返してバツサンなのか、懲りずに結婚離婚を繰り返したバツサンなのか。本当のことはわからないかもしれないけれど、いまホワイトさんが語る言葉をちゃんと聞きたい。

アサミ「どうして離婚されたのかは、やっぱり気になります」

ホワイト「そうだよね……。言わないわけにはいかないよね」

覚悟を決めたようにため息をつたホワイトさん。視線をちょっと左下に落としながら語り始めた。

ホワイト「最初の離婚はね、僕が悪いんだよ。僕も若かったし、仕事が忙しかったこともあってね、彼女にさみしい思いをさせてしまったんだ。仕事のつきあいばっかりで家になかなか帰らなくて。長男の育児もまったく協力しなかったからね」

アサミ「奥様から離婚したいと?」

ホワイト「まぁ、そんなところかな」

今度はじっと目を見て話すホワイトさん。一瞬、ちょっと安堵したような表情がのぞいた。ひとつ乗り切ったって感じ?

 

2回目の離婚の理由は?

1回目の離婚の理由は「仕事やつきあいばかりで奥さんにさみしい思いをさせてしまった」から。よくある理由な気がする。20代で結婚した夫婦が離婚したパターンで何度も聞いた。確かに、30歳くらいまではガムシャラに仕事をせざるを得ない部分がある。それで一方がさみしいって思うのはよくあること。この理由は、なんとなく仕方がない気がするよ、ホワイトさん。

アサミ「2回目の離婚はどうしてですか?」

ホワイト「2回目もね……。結局ね、僕が悪いんだよ」

そのまま口をつぐむホワイトさん。まったく同じ理由じゃないよね。そこは突っ込みますよ?

アサミ「どう悪かったんですか?」

ホワイト「やっぱりこのときも……彼女にさみしい思いをさせたからだろうね……」

なんとなくそれで話を濁そうとしている感じがしたので、ホワイトさんをジッと見る。すると、やれやれという顔をして話し始めた。

ホワイト「2回目の結婚をして1年経ったくらいで、海外赴任になったんだよ。タイのバンコクだったんだけどね。ちょうど次男が生まれたばかりだったから、僕一人で単身赴任にすることになって。そのまま3年赴任だったから」

アサミ「3年経って、日本に戻ったんですよね?」

ホワイト「日本には戻ったんだけどね、心は離れてしまった」

アサミ「いま、ちょっと上手いこと言ったと思ってません?」

ホワイト「いいツッコミだね」

面白い話とか、いま要らないんですけど。この際だからサッサと話してもらえません? ……と、せっかちな性格が顔を出す。

 

ピュアピュアな質問をする44歳・中年

いかんいかん、冷静に聞こう。ひとつずつ丁寧に聞いていこうじゃないか。44歳の女とは思えないほどのピュアな質問をぶつけてみる。

アサミ「海外に単身赴任して心が離れたとしても、帰国して一緒に住むようになったら……心の距離はだんだん縮まってきたりしないんですか?」

ホワイト「そう簡単には行かないんだよ、夫婦って」

アサミ「夫婦になったことないから、わからないですけど……そういうものなんですか?」

ホワイト「僕がタイから帰国して、すぐ別居だから」

アサミ「え、なんで!? せっかく帰国したのに? なんで別居?」

ホワイト「もうあの家に、僕の場所はなかったんだ」

ホワイトさん、さっきから濁そうとしたり、面白い風に言ったり、カッコつけたりして煙に巻こうとしてる……? こちとら44歳だけどなにげピュアピュア中年だから、中途半端じゃ気がすまないのだ。

アサミ「そういうケースでよくある話だと……。本当に失礼なこと申し上げていいですか?」

ホワイト「いいよ、全然」

 

奥様なの? ホワイトさんなの? どっち!?

余裕ある大人のホワイトさんのお言葉に甘えて、ものすごくストレートに失礼な質問をした。

アサミ「その場合って、奥様がさみしくて浮気したか、ホワイトさんが赴任先で浮気したかのどっちかっていうケースが多いんじゃないかと思うんですけど」

驚いたように目をパッチリ見開いたホワイトさん。そして、にっこりと笑みを浮かべながらこう言った。

ホワイト「すごいね。機転が利くというか、頭の回転が早そうだなと思ってたけど」

ん? 思ってたけど!?

ホワイト「鋭いね。当たってるよ。アサミさん、推理とか好きなの?」

推理とか好きなの?じゃないよ。いま、ホワイトさんはサラッと言って流そうとしたけど、“当たり”ってどっちが!? 奥様が浮気して離婚したの? ホワイトさんが浮気して離婚したの? それによってはだいぶ違うんですけど!!!

 

【離婚の理由は浮気をされたor浮気した? めんどくさい話になってきたと思いつつ、続きはコチラ】

#33 10歳以上「年上男性」と付き合うメリットって?【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#31婚活中の年上男性には「秘密」がある?【40代編集長の婚活記】

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【祝3周年】N.Y.プレゼント企画! 突然ですがクイズです【OTONA SALONE】

みなさまのご愛読のおかげで「OTONA SALONE」はついに3周年を迎えました。2016年5月17日がスタートした日。新しいメディアが立ち上がったり、なくなったりするWEB業界の中でここまで続けてこられたのも、みなさんが…

#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

40代、絶賛婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始めて約2年半になる。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求め続けていた。しかし、誰ともうまくいかず、好きに…

#144【あるある】恋愛下手な40代独女にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

「平成ジャンプ」。昭和に生まれて平成の世を独身で過ごし、令和を迎えた人をそういうらしい。引き続き婚活を続けている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。もちろん平成ジャンプの一員になった。この2年半、婚活パー…

【リアル体験】白髪うまく隠せる? ヘアマスカラで白髪染めやってみた

出かけようと思って鏡をよく見たら、髪の毛にチラホラなんか白い髪を発見……! ちゃんと白髪染めする時間はなく、もちろん美容院に行ってる時間もない。とりあえず、緊急対策としてこの白髪を隠したい! ということ…

#143 40代独女「初めてのアレ」を決意する…⁉【40代編集長の婚活記】

元号が「令和」になっても茨の婚活道が続いている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めたのは平成28年、夏のこと。足かけ2年半以上になる。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などさまざまな形…

#142 男はどう思うの?「手を触れる」ことについて【40代編集長の婚活記】

40代、過酷な婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。2年半のあいだ、婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介など、さまざまな形で出会いを求めてきた。49歳・アーティストのジェントルさんとは5回のデートを重…

白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本

出かけようと思ったら白髪を発見しちゃった、という経験はありませんか? ホームカラーで白髪染めをする時間もなければ、美容院へ行っている時間もない。とりあえずしばらくの間、「白髪隠し」をしたい!そんなとき…

#141「連絡する」と言ったのに! 2週間も放置する男って【40代編集長の婚活記】

40代・婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレとの再会も含め2年半婚活をしているが、ことごとく終わってしまう。現在、49歳・アーティストのジェントルさん…

これが正解! 40代からの「美肌見えファンデーション」5選【婚活ファンデにもオススメ】

少しでも肌をキレイに見せたい。それが、乙女心というものです。もちろんスキンケアも大人なりのお手入れをしているけれど、やっぱり頼りになるのはファンデーション。みなさま、ファンデーションは何を使っています…

#140 いくつ当てはまる? 彼は「運命の相手」なのか【40代編集長の婚活記】

46歳、リアルに婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活にいそしむこと2年半。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレに会ってみるなどを経るが、結局、恋人もできないまま。しかし、仕事で出会…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事