#33 10歳以上「年上男性」と付き合うメリットって?【40代編集長の婚活記】

スポンサーリンク

婚活を始めて約半年になる44歳・ノーバツ・独女のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティで出会った55歳のホワイトさんが、まさかのバツサン男性ということに驚きを隠せず。3回離婚した理由は、ホワイトさんに原因があるのか、そうとも言えないのか。率直に聞いてみると怪しさ満載の答えが返ってきて……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

「ホワイトさんの浮気」疑惑

2回目の離婚は、海外での単身赴任から帰国してすぐだったと話したホワイトさん。もう一緒にすむ場所さえなかったと。そんなことってあるんだ……。離婚どころか結婚したことすらない私には理解できない。帰国したらすぐ夫婦一緒に暮らしたくなるものなんじゃないの?

「何を聞いてもいいよ」と余裕あるホワイトさんのお言葉に甘え、離婚の理由についてちょっと失礼かもしれない質問をした。

アサミ「そういう場合の離婚原因って、奥様がさみしくて浮気したか、ホワイトさんが赴任先で浮気したかのどっちかっていうケースが多いんじゃないかと思うんですけど」

ホワイト「すごいね。機転が利くというか、頭の回転が早そうだなと思ってたけど……。鋭いね。当たってるよ。推理とか好きなの?」

サラッと「当たり」と言ったホワイトさん。え、どっちが当たり? 奥様の浮気なのか、ホワイトさんの浮気なのか?

アサミ「当たりって、どちらがなんですか?」

ホワイト「僕の浮気だよ」

アサミ「!」

やっぱりホワイトさんが浮気したんだ! この手の話は男性の浮気が多い気がするもんね。でも、正直ちょっとガッカリ……。

 

心のシャッター、閉店ガラガラ

浮気したのはホワイトさんなんだ……。そうか、それじゃ奥さんに三行半突きつけられても仕方ないな。浮気する人なんだ、ホワイトさん。浮気は治らないと言われるし、きっと3回目の離婚も浮気が理由でしょう。ホワイトさん、ハイ消えた。

浮気性なホワイトさんとデートすることはもうないな。自分の中でホワイトさんへの心のシャッターを下ろす。閉店。適当なところで終わりにして帰ろう。浮気男とデートしてるくらいだったら、一人で家でダラダラしていたい!

ホワイト「……って言いたいところなんだけど、実は違うんだ」

アサミ「えっ?」

 

違うって、浮気の言い訳ですか?

ちょっと待って、ホワイトさん。僕が浮気したとか、実は違うんだとかって何? 浮気の言い訳でもするのかしら。言い訳とか別にいらないわよ、浮気男に用はない。

ホワイト「元妻の過ちを話してしまうのは彼女を悪く言うようで失礼になってしまうと思って、僕の浮気っていう話で済ませようと思ったんだけど……」

ホワイト「僕はね、あなたに、真面目にパートナーになってもらいたいと思ったんだ。だとしたら、嘘をつくのはよくないよね」

アサミ「え、はい……」

ホワイト「僕は海外赴任しているあいだに、妻にさみしい思いをさせて、間男に入る隙を作ってしまった情けない男なんですよ」

そうなんだ……。ホワイトさんが浮気したんじゃないんだ。閉店とか、用はないとか勝手に思っちゃってすみません。

 

他人のせいにしない、人生の考え方

なんだかホワイトさん、いい人かもしれない。自分が悪者になればいいと思って最初は自分が浮気したと言った。でも、私に嘘をつきたくないからと本当のことを話したけれど、けっして奥様を悪いようには言わず、自分が情けない男だと表現した。他人のせいにしない人生の捉え方をしていて、カッコイイ……かも。

ホワイト「情けない男は、お嫌いですか?」

アサミ「そんなことないです……。いえ、むしろ情けなくなんか、ないですよ」

ホワイト「そう? そう思ってもらえるなら、よかった」

アサミ「奥様のせいにしないよう気遣っていらして。“自分が悪い”と言って他人のせいにしない考え方、見習いたいです」

 

オトナの余裕を感じる、ホワイトさん

他人のせいにしないホワイトさんの考え方を、素直に素敵だと思った。そして自分もそうありたいと。自分から謝りの言葉を言える人は、心が強く、精神的に成熟していると思う。

ホワイト「どんな離婚……離婚だけじゃないね、トラブルも、片方だけが全面的に悪いってことはないんだよ。お互いに悪かった点が必ずある。元妻の気持ちが別の人へ移ってしまったのは、僕がさみしい思いをさせてしまったことが根本原因だしね。海外赴任していても、さみしくないようにすることはできたはずなんだ」

アサミ「物理的な距離があると、なかなか難しいところもある気がしますけど」

ホワイト「でも離婚に至らない夫婦はいくらでもいる。僕が離れて暮らす家族を満足させられない、ダメな男っていうことだよ」

なんてオトナな回答! やっぱり11歳年上だけあって、オトナの余裕を感じる。10歳以上年上男性がいいと言う女性は、このオトナの余裕に魅力を感じるのかもしれない。よく考えたら私は、同世代しかなかったな……。

 

10歳以上、年上男性の魅力とは?

実は10歳以上離れていると、話が合うかどうか心配だった。けれど、話が合うとかそういうんじゃなくて、自分が学べるというか、尊敬できるというか……。年上男性とお付き合いするメリットは、そこにあるのかも。オトナな男性とお付き合いしてみるのも、いいのかもしれない。

ホワイト「先日のパーティでも思ったけど、あなたは機転が利いて、面白いね」

アサミ「そんなことないです、おしゃべりなだけで」

ホワイト「編集の仕事だから職業柄もあるのかな、引き出すのが上手だよ。つい僕みたいな素人はしゃべっちゃう」

アサミ「いやいや、そんなこと」

ホワイト「さっきも言ったけど、僕はね、真面目にあなたをパートナーとして考えてるんだ。どうかな?」

どうかなって……! 結婚まではまだ考えられないけど、ホワイトさんのような年上男性とのお付き合い、してみるのもいいのかも……!

 

【ホワイトさんのオトナの余裕に惹かれ始め、お付き合いを考えてみるアサミ……!? 来週水曜17時に続く】

【続きはコチラ】

どこまで許せる? 男性の離婚歴と子供の数【アラフォー編集長の婚活記34】

【前回はコチラ】

バツあり男性の「よくある離婚の理由」とは?【アラフォー編集長婚活記32】

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴 【40代独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

40代バツイチ男と結婚するために大切なこと【男の本音】

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

ドクターも25kg減!「肉」でやせるキレイになる方法とは?

「今年こそやせたい」「今年こそキレイになりたい」。新しい年を迎えて、そう決意をした人も多いのではないでしょうか。やせたい、キレイになりたいと思う女性にいま一番オススメしたいのは、なんといっても「肉」で…

大人のキレイは流行じゃない。「運命のリップ」見つけませんか?

自分らしく、キレイになりたい。40代からのオトナ世代があこがれるキレイは、誰かのマネや流行のメイクを取り入れることではなく、「自分に似合う、自分らしい美しさ」ではないでしょうか。私、OTONA SALONE編集長・…

#76 モテない40代独女、初めて婚活アプリでやりとりしてみた【40代編集長の婚活記】

モテない、恋愛に興味がない、他人と一緒に暮らせる自信がない。そんな性格が相まって、恋人いない歴が8年以上にもなる40代独女、OTONA SALONE編集長・アサミ(45歳)。なんやかんやあって婚活をスタートさせて1年5…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住宅ローンを返し終わる」と言っていた。独身…

婚活中の40代独女が、映画『8年越しの花嫁』をみて思った2つのこと

「意識が戻らない恋人を、あなたは何年待てますか?」 もしそう聞かれたら、自分はなんて答えるだろう。婚活中の40代独女が、映画『8年越しの花嫁』を観に行ってみた。リアルガチな自腹で。そこで感じたことを書い…

OTONA SALONE編集長・婚活コラムニスト

浅見悦子

この執筆者の記事一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事