【40代編集部長の婚活記#253】初めての結婚相談所で、直面した大問題とは?

40代の婚活は、自分を見つめ直すプロセスかもしれない。婚活歴4年10カ月のOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)は、これまでに100人以上もの男性と出会ってきた。

ここ最近新たな活動をしていないことを反省し、まだ未体験ゾーンだったお見合いや結婚相談所に足を踏み入れてみることを決意。約1年前、仕事で知り合った仲人のクミさんに連絡をしてみたのだが……!?

この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

 

「結婚する気ありますか?」

30代前半の年末年始のこと。実家に帰省したら、お見合い写真が届いていた。写真もプロフィールもたいしてチェックもせずに断ったので、お見合いは未遂に終わった。

アサミ「当時は結婚とかまったく興味もなくて『その気がないので』とお断りしました(苦笑)」

仲人クミ「当時は結婚する気がなかったんですね」

アサミ「結婚どころか、恋愛もしてなかったと思います」

仲人クミ「それじゃ、いまは結婚する気があるってことでいいですよね」

アサミ「!!!」

クミさんの言葉に閉口してしまった。結婚する気がある!? あれ、結婚相談所の仲人であるクミさんに連絡したってことは、結婚する気ある……のか?

 

言いよどむアサミ

私、本当に結婚したいのか? あれ、婚活改めパー活とかいってるし、結婚相手っていうよりパートナーがほしいと思っているんだよね。ってことは結婚する気ってどうなんだろう?

思考回路がものすごい勢いでグルグルしている。

仲人クミ「アサミさ~ん、声、聞こえますか?」

おっと、クミさんとはオンラインでのミーティングだった。うっかり無言になっていた。

アサミ「失礼しました。ちょっと考えてしまって」

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク