「シワはメイクで隠れません!」40代50代が心に刻むべき【化け子】の金言11選!

2021.08.06 BEAUTY

55歳の人気YouTuber【ヘアメイク職人・化け子】

ベテラン有名女優から愛される現役バリバリのヘアメイク職人・化け子(ばけこ)こと、岸順子さんは現在55歳。入れ替わりが早いと言われる芸能界で、約35年もの長きに渡って活躍を続けるプロ中のプロです。

情報過多の世の中で「40代50代のメイク迷子が増えている」という状況を聞きつけると、一般女性を対象にした個人レッスン方式の名メイク講座をスタート。そのレクチャー総数は800人を超えるといいます。

まさに行動力とバイタリティの塊のような化け子さん。その勢いはとどまることを知らず、2020年12月、54歳にしてYouTubeチャンネル『ヘアメイク職人_化け子』(登録者数9万人)を開設、スタートしました。すると、

 

「ストレートでわかりやすい」

「シミ隠しの天才現る!」

「説得力しかない」

 

と、その人気と知名度は一気に急上昇。開設1年を待たずして10万人に迫る勢いを見せています。オトナサローネ世代にドンピシャな40代50代の悩みに真摯に向き合う化け子さんに「大人だから共感できる大人のための、メイクが楽しくなるコツ」を語っていただきました。

 

今回が5夜連続配信の最終回。

化け子さんの素の部分、お人柄がにじみ出る、力強くも心を温かくする【格言】についてまとめました。

 

初回から読む

 

金言1:【ファンデーションでシミは隠れません】

「40歳を過ぎたら、シミを隠すのはコンシーラーの役割よ! この世代の表面化した主張するシミをファンデーションで隠そうとするとどうなるでしょう? そうです、何度も厚く重ねざるを得ない。そして残念だけど、厚く塗ったらね、塗っただけの肌にしかならないということ。厚化粧オバサンはこうしてできあがるのです。そうならないためにも、ファンデーションでシミを隠すのはもうやめましょう。その役割はコンシーラーに引き継ぎましょう。シミを隠したいならコンシーラーをそこの部分だけに小さく使う。そうしたら必然的にファンデーションは薄く済みます。理にかなっているでしょう」。

 

>>この金言に心打たれた子羊は必読!

「それじゃシミもクマも隠せない!」【ヘアメイク職人・化け子】コンシーラー指南

 

 

金言2:【シワはメイクで隠せません】

「この仕事をしていると『小ジワが気になって仕方ないんです、化け子さん。どう隠したらいいですか?』という悩みを日々たくさんいただきます。 でもね、メイクすればするほどシワは目立ちます。 本気でシワを隠したいなら、メイクしない。これが一番の最短路です。 誰もが実感したことがあるはずです。洗顔、スキンケアをきちんとした肌が、一番ナチュラルで、一番シワが気にならない状態だということを…。『シワを目立たせたくない』がプライオリティーの最上位なら、この最適な状態をキープすればいい。上からアレコレ重ねるほど、『シワは主張してくる』ということを心に刻んでおいてください」。

 

 

金言3:【髪は老け解決の要です】

「40代50代はメイク、それも隠すことに執着しすぎ。そこで満足して髪の毛はおざなりになってしまいがちですが、注力すべきは髪です。むしろメイクはしなくても髪の毛さえきちんとスタイリングしていれば若く見えます。   だいたいの方は老けると髪のボリュームがなくなりペタンコに。同時に顔はたるんで下がってくるのでアウトラインが四角くなります。そうするとどうしたって、目の位置が高くなりますよね。目の下が長く見えるのです。これは仕方ないこと。 じゃあどうすればいいのかというと…。頭頂部からあごまでの中で目の位置が真ん中にくるように錯覚を利用して整えるのです。方法は簡単。髪の毛のボリュームを出してふんわりさせるだけ。目の錯覚でなんとかなるならやらなきゃ損だと思いません? 私は女優さんのメイクでも実は一番気にかけるのはメイクよりも髪。ヘアスタイリングの大切さは長年の経験で自分が一番よくわかっているから、手をかける手間を惜しみません」。

 

 

金言4:【50歳過ぎたらファンデーションに頼っちゃダメ】

「下地、ファンデーション、その上にコンシーラー。当然ですがメイクはね、重ねるごとに重くなります。そして厚くなるということはくずれやすいということ。だったらね、ファンデーションをやめてみましょうよ。程よく補正力のある下地でくすみ払いをして、ごく少量のコンシーラーでどうしても気になるシミをピンポイントに隠したのちにコンシーラーブラシでぼかしこむ。これだけで十分ですから。そしてくずれなくなりますから。化粧崩れの根本原因は『重ねること』。そこを断ち切ってあげるだけでメイクくずれのストレスから開放されますよ」。

 

>>この金言に心打たれた子羊は必読!

「ファンデーションやめてみ!」40代50代のシミ隠しとコスメ選び【ヘアメイク職人・化け子

 

 

金言5:【コンシーラーはシミ用とクマ用を分けるべし】

「シミとクマは似て非なるもの。40代以上になったらもう、これを間違えたら大変なことになりますから、間違えないでほしいな。クマを打ち消したいなら、茶グマ、黒グマ、青グマ、どのタイプでも濃いめのオレンジで薄く。これが鉄則。 対してシミは、肌の表面、表皮の状態で少しずつ変わりますが、ちょっと硬めのテクスチャー。シミの上にのせて動かないタイプを選びましょう。隠したい部分にだけ、少量つけて指でトントンしたあとに、コンシーラーブラシでしっかりなじませると、本当に自然にシミが隠れますよ。色は肌に合うものでOK」。

 

>>この金言に心打たれた子羊は必読!

「それじゃシミもクマも隠せない!」【ヘアメイク職人・化け子】コンシーラー指南

 

 

金言6:【くずれるならパウダーやめてみ!】

「40代50代の人ってフェイスパウダーをつけずにはいられない人が多いですよね。でもね、実はそういう人に限って『メイクくずれが気になる』『肌トラブルが気になる』っていう傾向が高いです。そういう人にはね、『一回パウダーをやめてみて。仕事の日が難しいなら、オフの日から』と進言しています。そうするとね『化け子さん、本当にメイクくずれしませんでした!』という声が殺到するんですよ。要はね、メイクは重ねるほど、厚くなるほどくずれやすくなる。逆をいうと、層が薄ければくずれようがないということ。これはね、一度自分の肌で体感したらすぐにわかります。だから、化け子にだまされたと思って、ぜひとも明日からパウダーやめてみてください!」

 

 

金言7:【油分入りブースター、肌が怠けるから私はやらない】

「洗顔後すぐ、化粧水の前に導入美容液を使うスキンケアって、その瞬間はいい感じがするんですよ。油分が入っていて肌の表面がもちっとツヤっとしますからね。ヤケド並みのひどい炎症があるような状態の肌には即効性があって効くのかもしれませんけど、それをずっと使い続けることは私ならしません。だって自分の肌の機能が働くのをやめて怠け出すから。肌の正常な機能をサポートしてあと押しするスキンケア手順が自然で一番合理的。昔からある方法がやっぱりいいですね」。

 

 

金言8:【シワにパールを使うべからず】

「もともとツヤのある肌の人がパール入りのアイシャドウでツヤを足すのはまったく問題がありません。でもツヤのないシワシワの目元にパールを足したら…、余計に目立って逆効果なんです。我々の年代になるとまぶたがたるんできますよね、ちょうどトップライトが当たりやすいのがこのまぶた部分で、ここにパールなんかをのせちゃったもんなら、如実にシワとたるみが、見事に白日のもとに晒されるわけです。怖いでしょう? ハイライトもありますよね、フィニッシングのパウダーハイライト。あれはもっとダメ。目の下や目尻のシワ、ほうれい線を飛ばすためにのせるっていう人いますよね。いますぐやめてください。効果的に使えるのはシワがない人だけ。シワには効かないし、むしろ逆効果。おばさんのシワはパールでは飛ばせません!」

 

 

金言9:【40歳超えたらデパコスのすゝめ】

「プチプラを教えてほしいというニーズは高いですけど、美容成分がたっぷり入っていたり、基剤も安定したいいものを使っている。そういう『安定性』の観点からもデパコスの方が優位性は高いです。スキンケアやベースメイクに関しては特にそう。その上に塗るもの、たとえばアイカラーやアイブロウに関してはプチプラでもいいのかも。ただ、メイクっていうのはモチベーションとセットですよね。自分の気分も一緒に引き上げてくれるもの。デパコスのこういうキラキラしたパッケージだとか、マークやロゴをがあるだけで、テンションがあがりません?このメンタルの効果って大切なんですよ。メイクが投げやりにならないから。いいものを手にしている、使ってメイクしているという気持ちの面でも高まることに意味があるのです。『ファンデーションは毎日塗るもの、消耗品だから』と犬猿する方も多いのは承知していますけど、私の塗り方なら大丈夫よ。フォロワーさんにもよく言われるんです。『ファンデ減らなくなりました!』って。正しく使えば少量で済むの。コスパ面を気にしてるなら、そこはクリアになるはず。メイクの仕上がりに悩んでいるという人は、デパコスに頼ってみるのもアリですよ」。

 

 

金言10:【執着から逃れなさい】

「40代50代のたくさんの悩みが私のもとへ届きます。解決してあげたくてこういう活動をしているし、どんな悩みに対しても自分の経験則で対処法はパッと数パターン浮かぶんですよ。でも私がメイクするわけじゃない。本人がどこまでできて、その結果に納得できるかが肝ですよね。シミを隠すのはまだ簡単。数や濃さ、大きさの問題だから。ところが肝斑やそばかす、アザなど、もっと個別性の高い問題に関しては、実際自分の目で見なければ何とも言えないし、悩みの深度もひとそれぞれ。メイクでは完璧に払拭されない可能性だってあります。完全に隠せたとしても厚くなる。これって撮影現場ではありうるかもしれないけれど、日常生活ではありえないんですよ。 私にいえば、何でもパッと消してくれるんじゃないかっていう期待を持って相談してくれる気持ちは十分伝わっているからこそ、『こういう考えもあるのね』って頭の隅においてほしいことがあります。 メイクである程度悩みが軽くなったら、可愛く慣れる別の方法を探そうよ。 悩みにフォーカスする人って、真面目だし、研究熱心な人が多い。つまりはメイクにおけるポテンシャルが高いってこと。ほかのところに目が向いていないだけで、視点を変えることができれば、すごくいい収穫があると思います。悩みはまずおいといて『髪の毛はどう?眉は?リップは?マスカラはどうしてた?』と視野を広げてみて。そうするとね、意外と悩みが悩みじゃなくなるの。俯瞰して見てみることで、コンプレックスは薄まるし、あなただけの個性、好きな部分を伸ばせるようになるはずです。そんな風に40代50代が自分を見られるようになったらいいな、もっとメイクを楽しめたらいいなと思って、日々活動しています。やってみて違うと思ったら、また違うことをはじめてみたらいい。ドンピシャな解決方法は教えたい。だけど、どうしても解決できないこともあるからね」。

 

 

金言11:【可愛いピンクを選びなさい】

「私は今日も可愛いピンク、それもほんのりパール入りのチークを入れています。頬のトップのあたりはシワがないから、ここならパールOK。少しだけツヤが出てちょうどいいのよね。40代50代でくすみを飛ばしたいなら、チークはベージュより断然ピンクよ。それもね、大人になったら、ウブなピンクを推奨します」。

 

 

【化け子的金言集】いかがでしたか?キャッチーワードの大渋滞でしたね。40代50代、同世代だからこそ、スッとは心に入ってくる言葉も、思い当たりすぎてドキッとする言葉、読むと気持ちがふっと軽くなる聞くおくすりのような言葉もありましたね。年齢は巻き戻せません。「ポジティブなマインドでメイクを楽しんでほしい!」そんな化け子だんの思いがビシビシ伝わってくる熱いインタビューでした。

 

 

【公開予定】

▶#1(8/2 20:30)…老け顔解決【ヘアメイク職人・化け子】に共感しまくる40代50代が急増中だって

▶#2(8/3 20:30)…40代50代必読「それじゃシミもクマも隠せない!」【ヘアメイク職人・化け子】コンシーラー指南

▶#3(8/4 20:30)…「ファンデーションやめてみ!」40代50代のシミ隠しとコスメ選び【ヘアメイク職人・化け子】

▶#4(8/5 20:30)…「昭和眉を追放せよ」【55歳/ヘアメイク職人・化け子】の眉メイク論がリアル過ぎる

▶#5(8/6 20:30)…「シワはメイクで隠れません!」40代50代が心に刻むべき【化け子】の金言11選!

 

 

★メイクモニター募集★

化け子さん企画第2弾決定! オトナサローネ編集部では、化け子さんに直接メイクの悩みを解決してもらいたい40代50代を募集しています。女優に愛される現役ヘアメイク職人があなただけのためにメイクレクチャーをしてくれる、千載一遇のチャンスです。応募の詳細はオトナサローネのインスタグラム(@otona_salone)へ。

 

 

>>Youtube「ヘアメイク職人_化け子」
>>Instagram「ヘアメイク職人 化け子☆岸順子」

 

 

 

 

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ヘアメイク職人 化け子

スポンサーリンク

スポンサーリンク