そのコーデ危険です!「おしゃれ感ゼロのオバサン」に見えるゆるコーデ

2021.08.24 FASHION

トップスもボトムスもゆったりとしたシルエットで組み合わせた「ゆるっとコーデ」。人気の理由はなんと言っても、動きやすくて楽ちん&体型カバーができるからです。

 

ただし、ゆるっとコーデは着こなすアイテムの素材やデザインに気をつけないと太見え・オバ見えといったまったく嬉しくない効果ももたらします。

 

そこで今回は、多くの方が失敗しやすいNGな着こなしの特徴をご紹介いたします。

 

パジャマ着てきちゃたの?感が出る、チュニック+イージーパンツ

ラフな着こなしが流行しているということもあり、よく見かけるのは丈が長めのボックス白Tシャツにベージュなどの淡い色のイージーパンツ。イージーパンツはここ数年にかけて流行しているアイテムですが、お腹周りを露出させると太って見えるので丈の長いトップスと組み合わせるのが主流となっています。

 

ただ、その組み合わせバランスは難しい! 味気のないTシャツとイージーパンツだけでスタイリングしたワンツーコーデはどうにも部屋着っぽさが否めません。

 

これにバッグや靴といった小物からメイクのアレンジなどが加わればまだOKですが、服の着こなしだけでサマになりにくいので気をつけましょう。

 

とんでもない上級者コーデです!Tブラウス+ウエストゴムスカート

こちらも多くの方がついやってしまいがちなゆるっとコーデのひとつ。

 

パッと見では何も問題のないような着こなしに感じるかもしれません。先ほどご紹介したゆるっとコーデと比べてもウエストマーク がされているので程よい引き締まりも感じます。

 

だからこそ見落としてしまうのですが、このコーデのNGなポイントは「柔らかい素材同士の組み合わせ」と「ウエストゴム」という2つの要素が含まれていることです。

 

素材が柔らかいTブラウスは二の腕やデコルテをキレイに見せる反面、柔らかい素材がゆえにお腹まわりの肉感を隠し切れません。加えて、ウエスゴムのスカートも腰やお腹の実際のサイズに合わせて伸びるのでウエスト周りのボディラインがしっかり分かってしまいます。

 

また素材が柔らかい服は体が動くとともにヨレやすく、一日外出していると変に着崩れていることもよくあります。程よいきちんと感を表現するためにもトップスかボトムスのどちらかは硬い素材のアイテムを取り入れましょう。

 

ゆるい気持ちで着ちゃダメ!微妙なバランス調整が必須条件

ゆるっとコーデは全員が全員必ずスタイルアップするとは言いにくいコーデ。それは着る人の身長や体の厚みによって見える印象も大きく変わるからです。

 

とくに骨格に厚みがある方・バストが大きい方・身長が低い方は着こなしバランスを整える必要があります。

 

かといってスタイルが良いだけでも似合うとは限りません。先ほどご紹介したような素材感やトップスとボトムスの丈バランスなど細かい点での着こなしを意識してみてくださいね。

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク