ミニマリストぶりたい40歳・編集者のバッグの中身【編集部員の自腹買い】

2021.10.03 LIFE

オトナサローネ編集部のメンバーが「自腹で買ったアイテム」をご紹介!【#編集部員の自腹買い】

こんにちは。オトナサローネのトキタです。

今まで散々人のバッグの中身は取材してきましたが、自分のバッグの中身を見せるのってこっぱずかしいことに改めて気づかされております。

物が少ない人に憧れてますが、実際はけっこうあれこれバッグに入れちゃう私。

なので、軽くてたくさん入って、でもパンパンじゃないですよ~っていうフリができるバッグがマスト。

そんなバッグとバッグの中身お披露目します。

 

バッグは「軽くて肩にかけられる」がなんだかんだ頼れる

バッグはMM6メゾンマルジェラのメッシュバッグ。青みが強いネイビーで、カジュアル過ぎなくていいんです。

中は仕切りポケットが1つ。どんどん物を放り込めて、でも持ち歩くときは口ががばっと開かないというのも使いやすいポイントです。

 

気づくとスタッズつきの小物ばかり…

 

二つ折りのおサイフはCHANEL、名刺入れはアニヤハインドマーチ。

ロック好きとかではないのですが、どちらかというと辛口デザインが好き…。なんだかんだ、小物は黒のレザーをチョイスしがち。

 

「とりあえず持ってく」病ならではのメガネ二つ持ち

いつでも「目から紫外線が入る」のを防げるように(というのも夏の暑い日以外はUVケアを怠るという無精者なので)、サングラスは秋でもバッグに入ってることが多いです。あとは、テレワークの毎日を乗り切るためのブルーライトカットのダテメガネ。

サングラスはEYEVAN、ダテメガネはOLIVER PEOPLEのもの。

 

実はいちばんおすすめが軽~いアレ

左から折りたたみ傘、スマホ、ハンドクリーム、MINTIA。

この折りたたみ傘がめっちゃおすすめなんです。Wpc.っていうブランドのもの。何気なくバラエティショップで手に取ったんですが、「かるっ!!!」と衝撃を受けた逸品。超軽量の70g。バッグに入れててもストレスにならないのが本当にいいんです。スマホケースは娘が選んだひつじのショーン。クロエのハンドクリームはローズの香りがお気に入り。

 

いつも持ち歩くポーチの中身は?

ポーチは昔母がフィリピン土産にくれたポーチ。謎のマニラ推し(笑)。キャンバス地でがしがし入れられて、汚れても洗えるので使いやすいです。

 

WOOMEEのおでかけUVパウダー

UVケアもできるお直しパウダー。ハイライトとシェーディングが一体化してるのもうれしい。

 

Celvokeのアイブロウペンシル

セルヴォークのインディケイトアイブロウペンシル。この03の色味がめっちゃおしゃれなんです。ほんの少しパープルがかったブラウン。あとするする描きやすいのも不器用な私的にはうれしいポイント。ただ、少し落ちやすいので、携帯して眉毛消えたら描き足してます。

 

SUQQUのコンフォート リップ フルイド グロウ

名品入りのSUQQUのコンフォート リップ フルイド グロウ。これは07の色味です!ツヤっぽいのに、落ちない。そしてつけ心地が軽くて、ニュアンスある上品な色味。これつけてるとモテそう(笑)。

 

以上、ミニマリストぶりたい編集者のバッグの中身でした!

 

他にも編集部員の自腹買いを読む▶「軽いとコンパクトは正義」40代女性編集者のバッグと中身【バッグ編/#編集部員の自腹買い】

 

 

続きを読む

     

【募集】あのとき言えなかった「ありがとう」の言葉、ありませんか?

コチラで教えてください

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集長 時田紗耶香

スポンサーリンク

スポンサーリンク