【12月18日】「東京駅で駅員さんに出口を尋ねた」ところ…あるあるすぎる事件

2021.12.18 LIFE

本日12月18日は東京駅の日(東京駅完成記念日)です。

1914年12月18日、東京駅の完成式が行われたことに由来します。

そこで、東京駅にまつわる面白エピソードをご紹介します!

おうつき(@owzki)さんがTwitterに投稿した初めて一人で東京駅に行ったときの体験が共感を呼んでいます。

出口を探して駅員さんに尋ねたら、そこはまさかの!

まだ駅の中にいると思って駅員さんに出口を尋ねたら、「もう出ていますよ」と言われて恥ずかしい思いをしてしまったそうです。

改札を出ても広い駅構内が続いていて、まだ駅から出られていないと思ってしまったのですね。

でも、まるでダンジョンのような広いターミナル駅だと、自分がどこにいるのか分からなくなる経験をしたことがある人も多いのでは?

特に新幹線だと、在来線への乗り換え口を出ただけなのかどうか、よく分からなかったりしますよね。コメントでも共感の声が寄せられています。

当時は恥ずかしさのあまり笑えなかったというおうつきさん。いまでは笑えるエピソードになってよかった、とのこと。意外と大きな駅での「あるある」なのかもしれませんね。

 

★この記事も読まれています

>>銀座線の車両に雪が積もった!?クリスマス気分になれる電車が話題に

(OTONA SALONE編集部)

本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

続きを読む

       

今回の新型コロナ第6波で感染された方の体験談募集!
詳しくはコチラから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ヘルスケアライター 青柳彩子

スポンサーリンク

スポンサーリンク