【40代編集部長の婚活記#284】「彼氏ナシ」に戻った40代独女、婚活のネクストステージは?

2022.01.12 LOVE

パワハラ、セクハラを受けても…

親友Y「我慢できたり、上手くあしらったりできてこそ一人前、カッコいいみたいなね」

アサミ「本当はイヤなことでもイヤって言えてなかったね」

親友Y「いまならパワハラ、セクハラで訴えたら勝てるようなこともあったね」

アサミ「そうそう。あるときの上司に『あんた、カ◯ワなの?』って差別用語を言われたことあるもん(苦笑)」

おそろしいことに昼間のオフィスでリアルに言われたこと。一発アウトな発言よね。

親友Y「そんなこと言われても頑張って耐えてたよね」

アサミ「差別用語を言われても『明日の朝イチまでに直しますから再チェックお願いします!』なんてね」

 

我慢が「当たり前」だった

親友Y「そうやって我慢するのが当たり前になってたんだろうね。仕事でも、恋愛でも」

アサミ「うん。最近それがわかってきた」

親友Y「どんな?」

アサミ「感情的にならないようにコントロールしたり、物わかりがいい女性になろうとしたり」

親友Y「わかる。なんか、そうならなきゃいけない気がしてた」

アサミ「私の場合、そういう無理をしたくないから30代後半のある時期から『もう恋人はいらない』って思った気がする」

恋人といい関係を築けた経験がなかったから、一人のほうがラクって思うようになったんだろうな。

 

人間関係で大切なこと

親友Y「恋人でも夫婦でも友達でも、我慢しない関係が当たり前でなくちゃね」

アサミ「そうそう。お互いに本音を言えてね」

親友Y「うれしいとか楽しいだけじゃなく、イヤとか苦手ってハッキリ言える関係性が大事じゃない」

アサミ「うん。それがラク。私たちみたいにね」

親友Yとは20代の頃、二人で海外旅行もした。とある島に行ったとき、私はマリンスポーツをやってみたいと言ったけど、彼女は興味がないから行かないと言って。夕食までお互いに自由行動なんてこともあった。

興味がないこと、イヤなことはお互いにハッキリ言うし、強要しない。でも各自の考えは否定せずに尊重する。そんな関係性を彼女とは築けていた。

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク