今年の夏は無理せずやせる…ちょっとした食べ方のコツ3つ

暑い夏を前に、ダイエットに励みたいのはやまやまですが、食べないと体力がもたないのも現実です。仕事上のおつきあいもあったりと、アルコールやスイーツなどをすべてをカットするわけにはいかないこともあります。同じように食べていても、ちょっとした食べ方の工夫で中性脂肪を増やさない方法があればベストですよね。『コレステロール・中性脂肪がみるみる下がる100のコツ決定版』(主婦の友社)から、そのコツをご紹介します。

 

たまりがちな中性脂肪って?

日本医科大学客員教授・(財)博慈会老人病研究所所長の福生吉裕先生によると、人間の血液中の脂質4つのうちの1つが中性脂肪であり、コレステロールと並んで何かと問題にもなるといいます。中性脂肪は、エネルギーとして燃やされ、残りが皮下脂肪など体脂肪として蓄えられます。そして、血液中に増えすぎると、生活習慣病を招くことになってしまいます。

 

脂質はとらないほうがいいの?

茨城キリスト教大学生活科学部教授・医学博士の板倉弘重先生によると、油脂(調理用の油や食べ物に含まれる脂肪分)のとりすぎは、中性脂肪を増やし、コレステロールの増加も招いて動脈硬化を起こす一因になるといいます。私たちが摂取する油脂の多くは、グリセロールに脂肪酸がついた物質ですが、まったくとらなければよいというものではありません。含まれる脂肪酸の種類によって、油脂の性質や働きも違っていて、バランスよくとることが大切だからです。

 

①飽和脂肪酸

人間が自分の体内で合成できる。動物性油、バターなど。

②一価不飽和脂肪酸

人間が自分の体内で合成できる。主に植物油など。

③多価不飽和脂肪酸

人間が自分の体内で合成できない。魚油に多く含まれるEPAやDHAなど。

 

油脂は、1日に必要な摂取エネルギー量の25%以下に抑えて、バランスよくとるようにすれば中性脂肪が増えないといいます。また、油脂の質については、飽和脂肪酸を30%、一価不飽和脂肪酸を40%、多価不飽和脂肪酸を30%の割合でとるとよいでしょう。

 

次に、中性脂肪を増やさない、ちよっとした食べ方のコツについてご紹介します。

 

1 アルコール

せんぽ東京高輪病院栄養管理室長・管理栄養士の足立香代子先生によると、中性脂肪を減らすコツとして、アルコールの飲み方にあるといいます。「アルコールは脂肪にならないから」と安心する人がよくいますが、これは誤りです。エネルギーのとりすぎは、中性脂肪が増えることにつながります。アルコールをよく飲む人は、適量以内でとるか、節酒が大切だといいます。

 

2 おやつ(お菓子・果物・ジュース)

足立先生によると、消化・吸収の早い糖質をとりすぎると、中性脂肪が増えることにつながるといいます。「和菓子は脂肪がないから平気」「果物なら大丈夫」ということはありません。お菓子や果物、ジュース類といったおやつが手放せない人は、食べる量を決めて、昼間のうちに食べるとよいといいます。

 

3 外食

足立先生によると、外食は家庭料理と比べて高エネルギー食、高コレステロール食であるといいます。したがって中性脂肪値が高い人は、メニューの選び方や食べる時間帯に注意が必要です。どうしても外食をとらなければならない場合は、揚げ物ではなくヘルシーな和食を選ぶなど、ちょっとしたコツで変わるといいます。

 

通常に社会生活をしていたら、いくらダイエット中でも、アルコールもおやつも外食も全部カット!というわけにはいきません。脂質のバランスをとったり、食べ方や量、食事の時間帯にほんの少し気をつけて中性脂肪をダウン。スマートなスタイルで夏を迎えたいものですね。

 

参考資料・『コレステロール・中性脂肪がみるみる下がる100のコツ決定版』(主婦の友社)

Amazonはコチラ

楽天はコチラ

hontoはコチラ

 

 

◆OTONA SALONE ただいまの人気記事

「この道をまっすぐ」を英語でスラっと言うと?
https://otonasalone.jp/27902/

寝る前にはかならず「スイッチオフ」を!
https://otonasalone.jp/25777/

着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】
https://otonasalone.jp/27845/

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事