【40代編集部長の婚活記#292】「オススメ」の彼と初デート。初対面の印象は…!?

2022.03.09 LOVE

40代の婚活はトライ&エラーと自己分析が大切なのかもしれない。婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

婚活で恋人ができるも別れに至り、また振り出しに戻った。友人とともに自己分析をすることで「本質的な自分」に気づき、H女史に紹介された男性・マイルドさんと会うことに……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代編集部長の婚活記#291】

 

紹介された「マイルドさん」とは!?

丸の内のイタリアン、待ち合わせは19時。少し早めについたので、先に席に座って待っていた。

よく考えたらマイルドさんの事前情報は、聞いた話のほかはわかってない。年齢、身長、顔のタイプも聞いていないし、ベンチャー企業勤務というだけで企業名はわからない。

いわゆる婚活アプリでの「スペック」的なものはほとんどわからない状態だ。

・ベンチャー企業勤務
・バツイチ独身
・温厚
・仕事がデキる

マイルドさんのことでわかっているのは、たったこれだけ。食事をするときはH女史も一緒かと思っていたから、根掘り葉掘り聞かなかったのだ。

 

丸い眼鏡にゆるふわウェーブ

待ち合わせ、いったいどんな人がやってくるのか……。ドキドキしながら席で待っていると店員さんに案内されながら丸っぽい眼鏡をかけた男性がやってきた。彼が、マイルドさんかしら━━!

マイルド「アサミさん…‥ですよね?」

やっぱり彼がマイルドさん。丸っぽい眼鏡をかけた、ゆるくウェーブのかかった髪の男性。年齢的には40代前半って感じかな?

アサミ「はい、はじめまして。アサミです」

立ち上がって一礼した。

マイルド「H女史から紹介いただいた、マイルドです。はじめまして」

彼も私にむかって一礼。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク