「れいさん」ではありません。「礼賛」の読み方、知っていますか?

2022.03.24 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「礼賛」です。

「礼賛」の読み方は?

「礼儀(れいぎ)」「婚礼(こんれい)」などでお馴染みの「礼」ですが、「礼賛」の読みは「れいさん」ではないのでご注意ください。

「礼」の音読みには「レイ」の他にもう一つあります。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「らいさん」です。

「礼賛」とは

1 すばらしいものとして、ほめたたえること。また、ありがたく思うこと。
2 仏語。仏・法・僧の三宝さんぼうを礼拝らいはいし、その功徳くどくをたたえること。また、その行事。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

「礼」は音読みで「レイ・ライ」、訓読みは常用漢字表外の読みではありますが「のり・うやま(う)」と読みます。

「礼賛」以外で「礼(ライ)」と読む言葉には他に「礼盤(ライバン)」があります。これは“寺院で、導師が着座して読経(ドキョウ)する本尊の前の高い壇。(出典元:ライバン|言葉|漢字ペディア”を意味します。

また「礼拝」は「レイハイ」とも「ライハイ」とも読めます。どちらも“合掌したりひざまずいたりして、敬い拝むこと。(出典元:ライハイ|言葉|漢字ペディア)”を意味しますが、「ライハイ」は特に仏教で使われ、「レイハイ」はキリスト教やイスラム教で使うことが多い読み方です。

「礼盤」も「礼」を「ライ」と読む「礼拝」も、日常生活で頻出することはないと思われます。「礼賛」もしょっちゅう使うことはないかもしれませんが、一般教養として挙げられる文学作品の中に谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』も含まれると考えます。「礼賛」をすんなり読めるようにしておくと損はありません。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク