【40代編集部長の婚活記#294】迷走する婚活!? IT企業のビジネスマンと会ってみた

2022.03.23 LOVE

毎朝、風呂と瞑想に5時間ってことは?

ひとしきり瞑想については語り尽くした感があったので、質問をしてみた。

アサミ「毎朝お風呂に2時間、瞑想3時間ですよね。朝、めちゃくちゃ早起きじゃないです? 何時に起きてるんですか?」

マイルド「3時です」

午前3時!? おいおい、まだ夜中じゃないの。私なんてヘタしたらその時間まで起きてることあるわよ?

アサミ「めっちゃ早起きじゃないですか。じゃ、何時に寝るんです?」

マイルド「普段は夜9時にはベッドに入るようにしてますね。6時間は睡眠をとりたいので」

アサミ「今日はもう、8時過ぎてますけど…」

マイルド「さすがに今日は9時には寝られないですね」

 

3時起床、9時に就寝…!

その後は、お互いの仕事の経歴のこと、ゴルフのこと(いちおう共通点)、共通の知人のH女史のことなどを話したり、いちおう彼の以前の結婚話や、それぞれの恋愛観みたいなものも話した。

ふと気づくと、オーダーをした料理に彼はあまり手をつけていなかった。食べられるといっていたプロシュートときのこのサラダは食べていたけれど、鶏の香草焼きには手をつけてなかった。

アサミ「少し召し上がりませんか?」

マイルド「お気になさらず。消化のことを考えて、夜は基本あまり食べないので」

アサミ「なるほど」

 

消化を考えて夜は食べない

2品しか食べない? しかも鶏の香草焼きはメイン料理だからなかなかのボリューム。これを私一人でどうぞってこと!?

てっきりメイン料理は2人で食べられるかと思って頼んだのに。彼が食べられないリゾットも注文しちゃったのよ。ピクルスもあるのよ。とても一人で食べ切れる量じゃないんだけど!!

とはいえ、残すのもお店に申し訳ないので、ひたすら食に走ることにした。基本、彼に質問をして話を聞く側にまわりつつ、ただただ食べる。

せっかく人と会うなら、一緒に食事を「美味しいですね」って言いながら楽しみたいなぁって思っていたのに……。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク