「胃もたれ」まで起きるなんて……40代女性の意外な更年期、救った漢方の処方って?

更年期女性のお悩みのひとつに「胃もたれ」があります。

今回は、更年期の胃もたれを改善する方法について「あんしん漢方」の薬剤師・清水みゆきさんに教えてもらいました。

これも更年期…?「胃もたれがひどくて」で気力が尽きた49歳女性、立ち直った方法とは?』に続く後編です。

ひどい胃もたれの原因は、なんと更年期!


胃もたれだけでなく体力や気力の低下を感じて怖くなったかずえさんは、胃腸科を受診しました。

「とくに食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていないのに、急に胃もたれがひどくなって、食欲もないんです」

かずえさんがこれまでの経緯を相談したところ、医師から次のように説明があり、漢方薬が処方されました。

「おそらく年齢による不調でしょう。更年期の女性は、ホルモンバランスの影響で自律神経が乱れて胃腸の不調を訴えるケースが少なくないんですよ。漢方治療で様子をみましょう」

処方された漢方薬は、六君子湯(りんくんしとう)。
六君子湯は気を補い水分代謝をよくして胃腸のはたらきを改善する漢方薬です。

「漢方薬を飲みだしてから、少しずつ胃の調子がよくなり食欲も回復してきました。食事のリズムも取り戻し、量は控えめですが、家族と一緒に楽しく食卓を囲んでいます」

 

「根本的に胃もたれを改善したい」人には漢方がおすすめ


「胃もたれを根本的に解消したい」
「胃腸が丈夫になりたい」

そんな方には、胃痛や消化不良、食欲不振などの胃腸のトラブルに対して内科や胃腸科でも使われている漢方薬がおすすめです。

更年期になると、女性ホルモンの減少によって自律神経に乱れが生じ、消化機能を弱めるため、胃もたれが起こりやすくなります。

また、漢方医学では、ホルモンバランスの乱れ以外にも水分の停滞やストレス、過労、冷えにより胃腸のはたらきが低下すると胃もたれが生じると考えます。

漢方薬は自律神経の乱れや胃腸機能を補いながら、こころとからだを整えることで、全身を良くする働きをもっています。

漢方薬はこのような心とからだ全体のバランスの乱れを整えるので、胃もたれだけでなく、イライラや疲労感、冷えなどの更年期のさまざまな不調も改善してくれるのです。

不調の改善だけでなく、根本的な体質改善を目的としている漢方薬は、自然由来の成分がからだにやさしく働くため、毎日のむだけで症状の解決を目指すことができます。

<更年期の胃もたれにおすすめの漢方薬>

  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう):胸やけや下痢、口内炎が気になる方に。
  • 人参湯(にんじんとう):下痢や冷え、腹痛が気になる方に。
  • 安中散(あんちゅうさん):胃痛や胸やけが気になる方に。

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、その人の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に向いているのかを見極めるためには、専門家に力を借りるのがおすすめです。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、お手頃価格で、個人に効く漢方を見極めて自宅に郵送してくれる「あんしん漢方(オンライン個別相談)」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

相談もスマホで完結するので、対面では相談しにくい悩みも気軽に相談できます。

●あんしん漢方https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

更年期の胃もたれから抜け出そう!


あなたを悩ます胃もたれの原因は更年期かもしれません。

我慢せずに専門家に相談してみませんか?

漢方薬でからだの内側からバランスを整えて、更年期も笑顔で過ごしていきましょう。

 

<この記事を書いた人>

 

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆき
漢方薬・生薬認定薬剤師  JAMHA認定ハーバルセラピスト
製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。
現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中です。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/
●漢方女子:https://www.facebook.com/kampojoshi/

 

続きを読む

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク