40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!美容のプロが試したヘアケアは

今回は、シャンプーに関する記事を人気順にお送りします。

 

その1:正しい「シャンプー」の方法って? 最高に気持ち良いサロンのテクニック、気をつけるポイントはたったこれだけ

星「サロンでのシャンプーって気持ちいいですよね…。寝そうになります」

篠原さん「今日は特別に僕の持ってる秘技をお伝えしますよ。サロンのシャンプーを家でも体験したいという方だけでなく、『お子さんがシャンプーを嫌がるからなんとかしたい』と思っている人にもオススメです」

この記事を読むと…

①自宅でも美容室みたいな気持ちいいシャンプーができるようになる

自分自身の髪を洗うもよし、家族を洗ってあげるもよしです。

②子供のシャンプーを楽にできるようになる

むしろシャンプー大好きになるかも。

③美容室では聞きにくい、プロの技をゆっくり聞ける

最後まで読むだけで、篠原メソッドがあなたのものに!

>>続きを読んで「最高に気持のよいシャンプーの方法」について知る!!

 

その2:その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。

しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせいでオバ髪を招いていることもあるので、気をつけておくに越したことはありません。

そこで今回は、オバ見えしている40代女性ほどやりがちな“汚髪を招くNG習慣”のお話です。

>>続きを読んでNG習慣を回避する!!

 

その3:40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。

かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、うねりが年齢に伴って一時、深刻化しました。

結構なクセで「パサついた見た目」になる私の髪には、必ずしも「くせ毛用」のアイテムがいいとは限りません。シャンプー類は、洗って乾かしてみなければ、髪との相性や仕上がりがわからないのです。

>>続きを読んで秘密のシャンプーについて知る!

 

その4:まだ捨てないで! 「使わないシャンプー類」を再利用して美人になる方法3つ

「よさそう」と思い、いそいそと使い始めてみたはいいものの「私の髪には、どうも合わなかった」と感じているシャンプー類が、お手元にありませんか?

シャンプーやコンディショナーは、どんなに評判がいいものでも「思ったような仕上がりには、ならなかった!」も生じやすいアイテムだけに「合わない」と感じると、そのまま“タンスの肥やし”ならぬ“バスルームの肥やし”になりがちなアイテムでもあります。

「そうそう。うちのバスルームにも、そんなシャンプーがあります」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

髪に合わないシャンプー類は「もったいないな」と思いつつも断捨離行きになりやすいものの、せっかく買ったから最後まで有効活用したい!が本音な女性も少なくないはず。

そこで今回は、“バスルームの肥やし”になっているシャンプー類を断捨離せずに有効活用するアイディアに迫ります。

>>続きを読んでシャンプー類を再利用する!

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク