「甘え下手」の40代独女。でも、年下男性のヒトコトで…

「長く恋愛から離れていたせいで、男性に上手く甘えられない」

こんなアラフォー女性の悩みは、「気になる男性といても素を出せない」というものでした。

仕事やプライベートではしっかり舵取りのできる彼女は、男性の前でも「ちゃんとした自分」を崩せずにいましたが、そんな彼女の心を解放したのは、年下男子の「そんなギャップが好き」という言葉。

「こんな自分でもいいんだ」と思えたことで、彼女はようやく恋の一歩を踏み出します。

「甘え下手」を克服した彼女について、恋愛相談家の視点からお話します。

 

【恋愛ファイル003】「甘えたい自分を受け入れられない」

「40代まで、仕事と趣味に生きてきました。お付き合いする男性はいても、自分の都合を優先させる恋愛ばかりしていて、長続きした試しがありません。

ここ数年は一人でいたけど、気がつけば立派な「おひとりさま」状態でいる自分に気づき、焦りを覚えました。

でも、恋愛を楽しみたいと思っても、気になる年下の同僚に上手く甘えることができず、つい会社のように先に立って動いてしまいます。

動くと言っても、実際は料理の腕も下手だし、気の利いたプレゼントを選ぶのも難しくて・・・。

普通の女性のように甘えてみたい、男性に頼りたいと思っても、そんな自分はかっこ悪いと思うと許せなくて、彼にもつい強がってしまいます。

先日、『こんな女じゃモテないね』と言ったところ、彼から『そのギャップがいい』と言われました。

すごく嬉しくて、こんな自分でもいいんだと認めてくれる彼のことを信頼できるようになりました。

私は無事に「おひとりさま」を終わらせることができるでしょうか?」(40歳/営業)

 

「甘え下手」は強さではなく脆さ

普段から、皆で集まるときは率先してお店を決めて予約してくれたり、仕事で残業しても次の日は朝早くから遊びに出かけたりとアクティブな彼女ですが、その姿からは「自立した40代」という力強さが感じられました。

男性と過ごすことがあっても、甘い雰囲気より「体育会系のノリに近い」時間になってしまうことが、以前からの悩み。

職場で気になる年下の男性がいても、誘った先の居酒屋では仕事か趣味の話ばかり、「今度一人で北海道に旅行してくるよ」など、色気のない話題ばかりだったと言います。

たまには、可愛らしく男性に甘えてみたい。

彼にエスコートしてもらいたい、肩にもたれかかってみたい、と思っても、そんな自分を想像したら「気持ち悪い」と思ってしまい、つい最後まで隙を見せることができない。

彼女は、「自分は強いせいで甘え下手なんだ」と思っていましたが、実際は「男性に甘えたいと思う脆い自分」を認めるのが怖かったのです。

「どうして普通に手をつなげるの?何て言うの?」

と彼女に尋ねられたとき、

「そんなの簡単、何も言わずにただ手を伸ばせばいいだけ。

つなぎたいんだと思えば男性は応えてくれるよ」

と答えた私に、彼女は「そんなことしたら引かれないかな」と頭を抱えました。

ですが、彼が見たいのは、そんな彼女。

だから、ドライブデートで失敗した手作りのお弁当を持ってきた彼女が「こんなお弁当食べられないでしょう。どこかで買っていこう」と言い、「こんな女じゃモテないよね」と苦笑いしたとき、

「そのギャップがいいんです。そのお弁当を食べたい。次もお願いします」

ときっぱり答え、彼女の手を握りました。

つまずいたときは代わりの案を出してさっさと進むのが普段の自分。

でも、本当は「次はもっと上手に作るから」と言いたかった彼女。

口にできないのは、そんな自分は「男性に媚を売っている」と感じてしまうから。

彼はそんな彼女の気持ちに気づき、先に手を伸ばすことで、彼女を安心させようとしました。

そんなあなたでいいんだよ、と。

彼女は彼の行動に驚きましたが、受け止めてもらえたことが嬉しくて思わず涙が出た、と言いました。

やっと、「ありがとう。次はもっと頑張るよ」と言えたとき、彼女は彼を信頼している自分に気が付きます。

「素を出せる」とは、「こうしたい」と言えること。

そしてその気持ちを受け止めてもらえること。

「甘え下手」なのは、素を出せる信頼感を自分から持つことが怖かったからなのですね。

 

「どんな自分でも大丈夫」という自信を持つ

 

現在も、彼女は年下男子の彼と良い雰囲気で関係を続けています。

いまだ告白に至っていないのは、「美味しいお弁当を作れていないから」だそうです。

彼のために何かを頑張る自分、それは彼の好意に素直に甘えることができるから。

彼の好意とは、「どんなあなたでも大丈夫」という信頼です。

いつか、彼が笑顔で自分の作ったお弁当を食べてくれる日のために。

照れくさそうに話してくれる彼女は本当に幸せそうで、以前より恋の話が増えたことも嬉しく思います。

「甘え下手」から「誰かのために頑張る自分」へ、素敵な変身を遂げた彼女は、きっと「おひとりさま」にピリオドを打てる日も近いでしょう。

 

◆OTONA SALONE ただいまの人気記事

「この道をまっすぐ」を英語でスラっと言うと?
https://otonasalone.jp/27902/

寝る前にはかならず「スイッチオフ」を!
https://otonasalone.jp/25777/

着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】
https://otonasalone.jp/27845/

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

こじらせすぎ!40代独女が一回で嫌になった「バツイチ男性とのデート」

40代になると、バツイチ男性との出会いも増えるのではないでしょうか。離婚を経験している男性は、傷ついたぶん女性に優しい場合もありますが、逆に痛みを引きずったまま変に心をこじらせていることもあります。そん…

「そんな女性だったとは!」男性ががっかりした40代独女の「告白後の態度」

好きな人に思いを告げる瞬間は、いつだって一世一代の覚悟と思って真剣にのぞみますよね。その結果フラれてしまっても、精一杯頑張った恋なら後悔もありません。ですが、告白したあとで40代独女の態度が変わり、「こ…

どうしてそうなった!?40代独女が頭を抱えた「男性からの”ありえない”プレゼント」

男性からのプレゼントは、感謝もするし何を選んでくれたのかドキドキしますよね。が、中には「これ!?」とびっくりするものを贈られた40代独女もいます。男性の気持ちはうれしいけれど、正直にいうと持て余すし今後…

「えっ嘘でしょ!?」40代独女が呆然とした【恋愛経験値の低い男性】とのデート

男性の中には、「彼女のいない歴=年齢」であったり片想いがかなったことがなかったり、恋愛経験値の低い人もいます。本人もコンプレックスに感じていることが多いですが、それは決して悪いことではありません。好き…

居酒屋デートであぜん!40代独女がびっくりした「ケチな男の振る舞い」って?

夜のデートで足を向けることも多い居酒屋。お酒の入る席では、リラックスできる反面その人の意外な”本性”が垣間見えてがっかり、なんてこともあります。シラフのときには気づかなかった「ケチな男」の振る舞いには、…

「もう電話したくない!」男性がガッカリした40代独女からの【ありえない電話】

LINEにメール、ネットサーフィンやSNSなど、日常のいろんなところで使うスマートフォン。もちろん誰かとの電話でも必ず手にすると思いますが、気になる男性との通話、楽しんでいますか?顔が見えない電話は、自分で…

「絶対彼女にしたくない」と男性がカフェでドン引き!40代独女の特徴って?

酷暑が続き、普段よりカフェや喫茶店を利用するという40代独女も多いのではないでしょうか。誰でも気軽に立ち寄れるカフェは、涼しいしリラックスして過ごせるのが良いですよね。が、気が緩みすぎると思わぬ”醜態”を…

【ああ、勘違い】てっきり君もその気かと。男性が40代独女に振られた原因とは?

好きになった人とは結ばれたいと、恋をするなら誰だって思いますよね。でも、現実はそう甘くなくて、縮まらない距離に苛立ちと焦りが募るばかり。ある男性は、うまくいかない関係に躍起になり、相手の気持ちを無視し…

好きになったのは「同僚の彼」。40代独女が出した答えとは

好きになった人は、同僚の彼氏だった。かなう見込みの薄い恋でも、男性に向ける好意をなかなか捨てられない。こんなせつない恋は、どうしてもつらい思いばかりが募ってポジティブな感情が消えてしまいます。でも、諦…

男性が「二度とゴメン」と思ったマッチングアプリで出会った40代独女とのデートって?

出会いの場として選択肢の一つになっている、マッチングアプリ。好みの異性を見つけたい人には手軽に利用できるのがメリットですが、その反面、「実際に会ってみたらがっかり」なんてこともあるのが難しいですね。実…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事