更年期のイライラや落ち込み…解消するためのたった1つの方法とは【100人の更年期#69】後編

*このシリーズの一覧はこちら

オトナサローネは同世代の女性100人がいまどのような更年期を迎えているのか、そのあり方を取材しています。(ご本人の年齢や各種の数値は取材時点のものです)

前編『46歳、めまい、激痛、気分の落ち込み。でも生理が順調なら更年期じゃないよね…?』に続く後編です。

アキコさん 53歳
5人の子どもの母。46歳で起きためまいを皮切りにさまざまな体調不良を感じるも、更年期だと気付くのに4年かかった

 

手と足にほてりを感じても更年期とは思わなかった

49歳のある日、急に手と足にほてりを感じました。汗は出ないけれど、とにかく暑くて、テーブルや床など、冷たい場所を見つけては手足を置いてしのいでいました。

 

病気だといけないのでインターネットで調べたところ、「更年期のホットフラッシュ」という言葉が出てきました。年齢的には更年期でもおかしくないですが、生理は順調だし、ホットフラッシュは顔に出る人が多いみたいなので、このときはあまり、自分が更年期だとは思いませんでした。

 

細かなことを思い出しては悶々とする。50歳でようやく更年期と納得した

ただ、この頃から、自分でも変だなと思うくらい、昔の嫌だったことを思い出しては悶々とするようになりました。主に夫への不満についてで、私が子どもの風呂の準備で忙しいのに、夫の風呂上りの飲み物を準備するのが遅れただけで文句を言われたこととか、おむつ替えの手伝いはおしっこのときだけでうんちのときは知らんぷりだったとか。まったく手伝わない人ではないのに、細かいことを思い出しては一人でもやもやしていました。

 

気持ちの不安定をなんとかしたくて、50歳になってから、メディカルアロマ(精油を使った心身ケア)を始めました。心と体のつながりや、さまざまなセラピーについて学ぶうち、これまでに経験しためまいも、気分の落ち込みも、ほてりも坐骨神経痛も、みんな更年期とつながっているんだ!と感じました。自分なりに納得できる原因が見つかったことで、少し気持ちが楽になりました。

 

51歳で生理不順に。最長で8カ月遅れることも

51歳になると、徐々に生理が不順になりました。最長で8カ月遅れたときもあります。同時に、めまいもひどくなってきました。そこで、更年期に関係する成分、エクオール(女性ホルモンに似た働きをする体内物質)を作れる体質かどうか、検査キットで調べてみました。

 

結果、エクオールを作れる体質でした。そこで、エクオールを作るために必要な大豆製品を積極的に食べるようにしました。太りやすくなった感じもあったため、ストレッチも始めました。

 

そして、現在53歳。まだ閉経はしていません。46歳のめまいからずっと、常に何かしらの不調を感じながら、いまも生活しています。昨年、病院でホルモン値を調べてもらったら、いつでもホルモン治療を始めてもいいくらい、ホルモン値が低いことが分かりました。なるべく自力で頑張るつもりですけれど……

 

いまは更年期を自覚しているので、夫にも「更年期でイライラ中だから文句言わせて!」とことわりを入れてから、思っていることを吐き出させてもらっています。夫はいい迷惑ですよね。でも言いたいことを言うようになってからのほうが、吐き出すとき以外は夫に優しくなった気がします。

 

 

◆あなたの更年期の話も教えてください。こちらから

更年期、あなたと同じ悩みを持つ人はどうやって切り抜けたの?

◆いろんな人の「更年期の入り口と出口」ドキュメンタリー

>>>シリーズ・100人の更年期

◆更年期に何が起きる?マンガでわかりやすい!

>>>マンガ100人の更年期

◆『マンガ100人の更年期』が電子書籍になりました!◆

Kindle Unlimited会員なら無料で読めます!→こちらから

マンガ100人の更年期①』天野こひつじ・著 880円+税/主婦の友社

各電子書店で好評発売中。

 

 

 

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク