【40代からの婚活記#310】彼の性格が判明? 初デートでわかってきたこと

2022.07.13 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴5年11カ月。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。ひとつ年を重ねて50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。

婚活に疲れつつも「さみしい」と感じている自分に気がついて、気を遣わない「わがままな婚活」をすることに。すると誠実そうな相手・マジメさんに出会って……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代からの婚活記#310】

 

待ち合わせの場所に到着

お店が入っている建物の前でチラリと時計をチェックした。11時59分、まさにギリギリ間に合いそうなタイミング。待ち合わせのお店は、この建物の地下1階にある。

ドキドキしながら階段を降りる。この先に、マジメさんが待っている。どんな人かしら……! イタリアンのお店の前に、黒っぽいニットにチノパンの男性の後ろ姿が見えた。足元はなんだかごついスニーカー。

たぶん、彼がマジメさんだと思う。

アサミ「お待たせしてすみません、アサミです。マジメさん……ですよね?」

マジメ「あ、ハイそうです」

振り返ったその顔は、メガネをかけた写真通りの人だった。なんか、普通にいい人そう。それが、初対面での印象だった。

 

会ってみても「いい人そう」

アサミ「初めてお会いするのに、遅れてしまってすみません!」

理由はどうあれ、お待たせしてしまったことをお詫びした。

マジメ「いえいえ、電車の遅延ですから。それに……」

チラッと彼が時計を見た。

マジメ「いま12時になったばかりです。遅れていらっしゃらないですよ」

あ、そうか。そういえば階段を降りる直前が11時59分だった。それにしても……フォローしてくださるところがやさしい。メッセージから受けていた印象と変わらない。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク